Skip to Content
Date:
2020年4月30日

COVID-19危機に対して、 北米自動車部品メーカーは業務「再始動」への対応に迫られています。この準備のためには、周到に計画されたロードマップ、正確な予想と修正財務計画及び常に変化する新たな環境化における業務を考慮することが大切です。このウェビナーを通じて、この対応のベスト・プラクティスをご紹介します。

北米製造・販売会社は、現在、世界的な新型コロナウィルス感染による前代未聞の危機に直面しています。それを受けて、プラントモラン日本企業部は、「COVID-19危機管理:新たな環境下における業務再始動へ向けて」と題したオンデマンドウェビナ―(無料)を提供しています。私どもは、北米自動車部品メーカー等の製造・販売会社のシナリオを日々注意深くモニターしております。今回のウェビナーでは、特に北米自動車部品メーカーへのインパクトに触れ、「再始動計画」のいくつかのシナリオを考察します。

参加者は、以下の点についてより深い理解が可能となります。

  • 強制的なソーシャル・ディスタンシングの長期化による「市場の潜在的なシナリオ」を提供。
  • 事業閉鎖中に生き残るための「事業上の最重要領域」を考察。
  • 再始動に伴う「世界的なサプライ・チェーン及び事業上の混乱」に対する具体策を提示。