Skip to Content

メキシコアップデート2022:法令遵守のための期末論点整理

Presented By:
アレハンドロ ロドリゲス Jose Duran Jonathan Martinez Ryoichi Nakayama
Date:
2022年11月29日 午後4時~午後5時 (米国東部時間) – 英語・日本語
メキシコでビジネスを進めるにあたって、コンプライアンスの側面から新たに注意を必要とする法令等について、弊社の日系企業サービス部門およびモンテレーオフィスの専門家が分かりやすく解説いたします。
メキシコにおいても新型コロナウイルス感染症による影響は弱まり、企業の活動は活気を取り戻しています。大きな労働法の改正、税制の改正があった2021年に比べて、2022年には著しい法令の改正は見られないものの、メキシコで事業を展開する上で企業が注意すべき点もいくつか出てきています。今回のウェビナーでは、それらの点について企業が取るべき対策を検討します。

主なトピック:

  • メキシコ経済概観
  • 税関監査の状況
  • 労働協約の適法化
  • 実質的支配者の開示

こちらのウェビナーは英語および日本語で行います。

Related Thinking

Image of a digital LED wall
November 17, 2022

7項目のサイバーセキュリティ評価を実施: 組織のデジタルリスクを特定する

Article 3 min read
Person holding telescope
November 14, 2022

詐欺師を見分ける方法: 職業上の不正行為の典型的な特徴

Article 3 min read
Business professional looking at a glass board with diagrams on it.
October 18, 2022

2022年に注目すべき5つの技術トレンド

Article 7 min read