Skip to Content

効果的なシステム統合とデータ分析 ー 人、プロセス、テクノロジー

Presented By:
Yoshio Shibazaki Stewart Zellars Ryan Muneio
Date:
2022年12月8日 | 午前11時 – 正午 EDT (日本語)
単純明快。企業が成長するにつれ、より多くのデータが集まります。このウェビナーでは、データ分析を活用することで、システム全体を見直すことなくデータを統合しビジネスインテリジェンスを推進する方法をお伝えします。
データの流入は、企業の内部資源を用いた自律的な成長、または買収、合併といった外部資源を用いた成長、あるいはその両方の成長から生じます。企業の自律的な成長では取引量や業務量が増加し、それにより間違いを犯す機会が増えます。事業が拡大すれば新しいシステムが導入され、異なる情報源が使用され、データの信頼性が損なわれるおそれもあります。取引量の増加やシステムの複雑化により各部門が別々に分析を行うようになり、答えよりも多くの疑問が生じることになるでしょう: 

企業は往々にして、このような疑問に答え、全ての点をつなげるためにはERP(Enterprise Resource Planning)のアップグレードや入れ替えに多額の資金を投入しなければならないと考えています。  

このウェビナーでは、データ分析を活用することで、システム全体を見直すことなくデータを統合しビジネスインテリジェンスを推進する方法をお伝えします。

主な内容: 

  • 分析技術を活用することで、ERP全体を見直すことなく別々になったデータを統合し、日常プロセスを合理化し、高度な分析を可能にするにはどうすれば良いか。  
  • ETLプロセス―Extract(抽出)、 Transform(変換)、 Load(書出) ―またはデータ・パイプライン、分析の自動化、データ・ウェアハウスなどのその他の方法を活用し異なる情報源を結び付けるにはどうすれば良いか。 
  • 可視化ツールにより、ビジネスの動向について詳細かつ広範囲な方法でデータを表示し、事業に有益な洞察を提示するにはどうすれば良いか。 

登録

Related Thinking

Person with a passport preparing to board a plane.
November 29, 2022

メキシコアップデート2022:法令遵守のための期末論点整理

Webinar 60 min watch
Image of a digital LED wall
November 17, 2022

7項目のサイバーセキュリティ評価を実施: 組織のデジタルリスクを特定する

Article 3 min read
Person holding telescope
November 14, 2022

詐欺師を見分ける方法: 職業上の不正行為の典型的な特徴

Article 3 min read