Skip to Content
2019年1月17日 Article 1 min read

ドライバー不要の自動走行車や自動車のシェアサービスの普及によって、自動車メーカーが廃業に追いやられるのではないかという意見が存在します。他方では、自動車の利用頻度が増えることにより、自動車のライフ・サイクルが縮まり、その結果、自動車の買替期間が短くなるという見方もあります。これらの新しい自動車産業の流れは、自動車業界にとってはむしろ朗報です。詳細については、「英文のオートモーティブ・ニュース.

Birds-eye view of a busy highway section at night.

自動走行車と自動車のシェアサービスの普及によって、自動車を保有するという従来の自動車のあり方が変わります。将来、自動車を保有する人が減少し、自動車全体の売上が減少するのではないかという懸念があります。

大手自動車メーカーがこれらの動きに伴う新しいサービスや技術に備えて工場の閉鎖や従業員の解雇を発表するたびに、そのような懸念がクローズアップされています。これらのメーカーは、明確なリターンが得られる実際の時間軸を考慮せずに投資を行っているケースもあります。

自動車販売に従事している人たちはさらなる大胆な変革を予想しているため、このような考え方が助長される結果となっています。このシナリオでは、自動車販売店の数は急激に減り、2025年までには現在より50パーセント減少すると予測されています。