Skip to Content



従業員の報酬や手当の取り決めに関して製造業者が真剣に取り組むべき理由

2019年1月17日 Article 1 min read
Authors:
Kreg Brown

従業員を惹きつけ、会社に繋ぎ止め、やる気を起こさせるには何が一番必要か、ご存知ですか?魅力的な報酬体型と福利厚生プランを考える際は、CompanyWeek をご 参考にしてください。

A group of warehouse/manufacturing workers nearby computer monitors.

アメリカ労働統計局(BLS)によると、製造業の雇用は2010年以来増加しており、現在では1,200万人を超える規模にまで膨らんでいます。実際、BLSの重要な雇用指標は近年65.4まで上昇し、2014年11月以来最高水準に達しました。値が50を超えた場合、雇用者数がプラスに転じたことを示します。地方や国の経済情勢が改善を続け、予想される税制や規制改革がさらなる経済成長を促進させる場合、熟練労働者や役員の採用において売り手市場が続くことが予想されることから、製造業者は従業員を確保するにあたりしっかりとした対策をとることが求められます。

Related Thinking

July 12, 2022

280G regulations: Could the sale of your business trigger “golden parachute” penalties?

Article 5 min read
June 15, 2022

Key takeaways: 2022 AICPA & CIMA Employee Benefit Plans Conference

Article 1 min read
May 31, 2022

409A compliance: Errors, penalties, & corrections

Article 2 min read