Skip to Content
January 7, 2019 4 min read

新しい収益認識の基準(ASC606)がカスタマ-向け特典の会計処理において意味すること何か?新基準に向けて、カスタマー特典はどのように認識・計上されるのかについて、こちらのガイダンスをご覧ください。

A couple at a dinner table looking over a restaurant's menu.

食品・飲料業界における新収益認識基準

“カスタマ-特典をどの様にどの時点で認識するのでしょうか?“という質問が多くの食品・飲料業界の会社から寄せられております。

残念ながら、一筋縄の回答はございません。通常、売上高は特典(割引、価格引当、クーポン、スロッティング手数料、協同広告など)の純額で計上されますが、これに合わせて客先との契約の形態や複雑性が存在します。基準に基づいて、客先との契約を読み解き、会計処理を定めていかねばなりません。

英文での詳細をご覧頂く場合には、お手数ですが、下記の通り、ご氏名、メールアドレス、御社名をご記入の上、こちらをクリックし、本文をダウンロードして下さい。

コピーをダウンロードする