Cookie Notice: This site uses cookies to provide you with a more responsive and personalized service. By using this site you agree to our use of cookies. Please read our Cookie Notice for more information on the cookies we use.

Skip to Content
January 4, 2019 3 min read

米国がイラン核合意離脱を表明したことにより、その報復手段としてサイバー攻撃の脅威が広がることが懸念されています。個人や会社は、どのようにしてサイバー攻撃の脅威から身を守ることが出来るのでしょうか。詳細はCrain’s Detroit Business誌の記事をご一読下さい。

Angled picture looking up at skyscraper buildings in a city.

米国企業は、ここ数年間にわたり、イラン政府による複数のサイバー攻撃を経験してきました。今後も、このような脅威が繰り返し起こる可能性があります。

2012年9月、「Cyber Fighters of Izz Ad-Din Al Qassam」と名乗る団体は、米大手金融機関を対象に、「Operation Ababil」としても知られるDenial of Service攻撃(このDoS攻撃は、IT資源に対するアクセスができないように妨害したり遅延させたりするための攻撃のこと)を実施しました。この団体は、金融機関のウェブサイトに大量のデータを送り付けることにより、ネットワークが情報を処理出来ない状態に持ち込み、金融機関のウェブサイトを一時的に使用不能にすることに成功しました。
その後Washington Post誌は、この攻撃はハッカー集団ではなく、イラン政府によって実施されたものであると報道しました。