Skip to Content
December 31, 2018 5 min read

新収益認識基準の適用時期が近づくに伴い、多くの企業が頭を悩ませています。プラントモランの収益認識ガイドラインを参照し、移行をスムーズなものにしましょう。

A business man preparing for revenue recognition and reviewing documents on a desk.

新収益認識基準への移行は決して容易なものではありません。今回の会計基準の変更によって、影響が多岐にわたることが想定されます。例えば新しい経理プロセスや手順の導入、社内のトレーニングの必要性などです。また導入後も注意すべき点がいくつかあります。業務への影響を最小限に抑え、適用開始時期までに新基準に遵守するためには、前もって十分な準備をする必要があります。新収益認識基準は、5ステップルールと呼ばれる原則に基づいた内容になります。

上場企業は2018年度に、その他の企業は2019年度に導入することが義務付けられています。早期適用も認めれらています。新基準は全ての顧客との契約に適用されます。業界業種によって契約内容が多岐にわたるため、各々の契約もしくは、同種類の契約をまとめて影響度を調べる必要があります。

プラントモランの新収益認識ガイドラインには下記の内容が含まれています。

  • 影響度調査の段階でのステップ
  • 導入時の注意点と導入タイムライン
  • 5ステップルールについて
  • 導入後の責務について

今すぐガイドライン をダウンロードし、移行をスムーズなものにしましょう。