Skip to Content
March 2, 2018 3 min read

合併・買収に関する取得原価を、税務上資産化するか費用化するか  – これはIRSでも様々な議論がされている分野です。

取得原価の資産化、成功べース取引手数料に対してのセーフハーバーの選択、スタートアップ費用の取り扱い等が重要なポイントとなります。

team members sitting in a row smiling 

資産化か費用化か?

これはなかなか複雑な議論です。ビジネスを合併・買収する際に、どういった取得原価が資産化され、費用化されるのかは先に知っておきたいところです。この記事では、以下のような取引原価についての税務上の取り扱いについてご説明いたします。

  • 取得原価を資産化するか費用化するかの違いについて
  • 資産化できる費用とは何か
  • 成功ベースの取引手数料の税務上の取り扱いについて
  • セーフハーバーの対象となる取引について
  • スタートアップ費用の税務上の取り扱いについて

英文での詳細は下記をご記入頂き、ご覧下さい