Cookie Notice: This site uses cookies to provide you with a more responsive and personalized service. By using this site you agree to our use of cookies. Please read our Cookie Notice for more information on the cookies we use.

Skip to Content
January 13, 2018 3 min read
急成長を遂げる外国市場において、米国は保護貿易主義、更なるグローバル化、どちらを選ぶべきか?答えは明らかだという人もいるかもしれませんが、それほど単純なものではありません。先ず、5つの観点から考えてみましょう。

Two women looking at a global map. 2017年11月、NAFTAの交渉担当者らはメキシコシティに集まり、意見の分かれる23年前に発効された同協定を議論しました。これは米国がさらに保護主義を追求すべきか、あるいはグローバル化を促進すべきかを議論する場でもありました。今回が5回目の会議となり、米国政府が求める改定事項などを話し合いました。 英文の詳細は、MarketWatch.comでご覧になれます。