Cookie Notice: This site uses cookies to provide you with a more responsive and personalized service. By using this site you agree to our use of cookies. Please read our Cookie Notice for more information on the cookies we use.

Skip to Content
January 2, 2019 1 min read

メキシコ経済省は、IMMEX 政令の改正を提案したが、これによって特定の資材*の輸入を扱う企業は重大な影響を受けるおそれがある。

Two shipping and receiving employees discussing upcoming Immex changes in a warehouse.

メキシコ経済省が近ごろ発表した改正案は、特定の資材*を輸入するにあたり、メキシコ当局による付加価値税 (VAT)に関する認定を利用するIMMEX企業に影響を及ぼしそうだ。現行の規定では、この認定を受けた企業には、個別にライセンスや許認可を取得することなく財・サービスを一時輸入することが認められている。

今回の改正案が承認された場合、多くのIMMEX企業は、特定の資材に関しては、付加価値税 (VAT)に関する認定を受けていたとしてもIMMEXライセンスの追加の認可を受けなければ、一時輸入の恩典を受けられなくなる。この新たな申請プロセスは企業にとって煩雑で時間のかかる手続きになりそうだ。

本件に関する詳細やサポートは、弊社のインターナショナルコンサルティングチームまで。

* Sensitive Goodsには、鋼鉄、鉄、鋳造金属、アルミニウム、織物などが含まれる。