Skip to Content
May 7, 2018 5 min read
インダストリー 4.0は、製造業界において作業効率や競争力の向上を後押しします。データや各プロセス及びモノの相互接続性がカギとなります。スマートファクトリーへの進化への準備はできていますか?

Man using futuristic manufactuing machine.

インダストリー4.0は、人間、プロセス、システム、モノのシームレスな統合により、生産性の向上を目指すものです。インダストリー4.0が世界的にどのような影響を及ぼすかは未知数ですが、大きな変化を迎えることは確かです。

インダストリー4.0のコンセプトを導入し、「スマートファクトリー」となる準備は出来ていますか?品質管理、サプライチェーン、顧客関係、そして競争上の優位性を向上させることが可能です。

インダストリー4.0とは?

第4産業革命とも称されるインダストリー4.0は、スマートテクノロジーと同義です。鍵となる要素はサイバーフィジカルシステム、先端技術、高水準データ解析、協調型ロボット、バーチャルリアリティ、センサー、付加製造 (3D印刷など) で、このモノのインターネット、つまり「スマートデバイスのインテリジェント接続」は、スマートファクトリーにとって必要不可欠な要素ですが、4.0戦略の鍵を握るのは、その裏にあるデータシステムです。

産業4.0戦略に必要なものとは

インダストリー4.0戦略における主要要素は以下の3つです。

  1. インテリジェントセンサー。産業におけるモノのインターネットでは、すべての「モノ」はスマートセンサーを搭載します。データソースとして、このセンサーにはマイクロプロセッサが付き、生産システムと統合され、複雑なシグナリングを実行します。
  2. データシステム。組織改革には、信頼できる情報が不可欠です。無数の情報源からの産業データを情報の倉庫へ収集するというデータ情報システムの連結は、インダストリー4.0の心臓部となります。
  3. データ分析。ビッグデータにより、生産現場のパターンを把握し、バーチャルリアリティ、機械学習、その他のスマートテクノロジーのいずれかを生かしてより戦略的な業務決定を行います。これにより、人間、装置、プロセスのいずれもより機敏かつ積極的な行動が取れます。

インダストリー4.0の利点

  • より機動的なサプライチェーン。スマートファクトリーでは、サプライチェーンはサプライヤー、搬送者、ディストリビューター、顧客をより効率的につなぐネットワークとなります。スマートテクノロジーが業務上のトラブルを素早く察知し反応することで、状況の変化にリアルタイムで対応できます。
  • 職場の安全性の向上。瞬時に集められたデータにより、危険が回避できます。もし従業員が危険指定エリアに足を踏み入れたり、装置に近づきすぎたりした場合、スマートテクノロジーは現場監督に通知したり、装置を低速に抑えたりします。
  • 顧客の洞察の向上。データ分析により、各顧客の購買習慣をより深く理解し、その顧客に特化したサービスを提供することで、ブランドロイヤリティを促進し、顧客を維持します。
  • コスト削減。スマートテクノロジーへの初期投資後は、品質面での問題の減少により、材料の無駄、製造現場での人員数、運転コストなどの削減につながります。

インダストリー4.0は、社員の生産性をどのように高めるか

かつては、従業員は装置が壊れるのを待ってから修理していました。その後、効率改善のため、企業は予防策を取り、従業員は300時間ごとなど、所定の間隔で修理を行うようになりました。スマートファクトリーでは、データに基づくインダストリー4.0戦略により、センサーが従業員にリアルタイムで通知します。装置が自動的に修理を行う場合もあります。

インダストリー4.0導入における3つの障害

  1. 旧式のテクノロジー。信頼性の高い、最新の情報が必要となります。装置やソフトウェアが旧式の場合、スマートテクノロジーとの最適な統合は行えません。
  2. 能力。スマートファクトリーの従業員は、コンピューターの取り扱いに精通している必要があります。データを理解する従業員が製造現場にも必要です。
  3. サイバーセキュリティ。インダストリー4.0はデータと密接に結びついています。データの取得、保存、保護は不可欠です。多数の装置に接続されたデータシステムを利用するため、情報のより強固な保護が必要となります。

インダストリー4.0のコンセプトの導入開始

インダストリー4.0を導入し、生産現場の最適化を行う場合、導入に伴う変革を乗り切るためのロードマップが必要です。以下に示す4つのステップをご参照下さい。

  1. 現在の環境を理解する。まずは現時点の装置、従業員、生産現場の分析を行う。
  2. 将来の展望を理解する。取るべき方向性を決定する。例えば、プラスティック射出成形工程で、多数の完成部品を一人の従業員が点検しているとする。インダストリー4.0では製造中にセンサーがリアルタイムで調整を行い、品質と再現性を向上する。各工程をアップデートすることで、最終製品が顧客のニーズを満たすものであるという確信が持てる。  
  3. 弱点と強みを把握する。データの収集はするが分析が弱いのではないか?顧客とはオープンな信頼関係を保っているか、それとも再注文の受注が伸び悩んでいるか?
  4. 計画を立案する。自社の強みを活用できる方向性を決定する。新製品のラインを導入した実績があり、その製品を新興市場に展開したいと考えているか?コンピューターに強い従業員がいるか?強みを理解し、どうしたらよりその強みを生かせるかを考える。

何十もの工程を繋げ、人工知能と自動化ロジスティクスの導入された工場というコンセプトはSFのように聞こえるかもしれませんが、既に多くの製造業界では現実のものとなっています。スマートテクノロジーを迅速に導入した企業は、合理的な製造工程や快適な職場、より回転の速いサプライチェーン、力強い成長などを実現しやすくなります。インダストリー4.0により、自社の向上や製造現場から採取したデータこそが、他社との差別化の極めて重要な要因となるのです。