Skip to Content
January 8, 2019 2 min read

経済成長が鈍化する兆候が見えてきた今、収益力を改善するためには、コスト削減が必要となります。これから挙げる7つのテクニックは、とてもわかり易く、簡単な方法で、難しい決断をしなければならない時にこそ、きっと役に立つでしょう。

Business colleagues studying a chart together on a TV screen.

収益力を上げるため7つのコスト削減テクニック

今日のビジネスを取り巻く状況はとても厳しく、企業は難しい選択を余儀なくされています。成長速度が緩やかになってきた時こそ、収益力改善にはコスト削減を重視する必要があります。コスト削減がトップからの命令で行うにしても、現場がその必要性を感じて行うにしても、これからお話しする7つのテクニックは、経費削減を行うことで実効があります。

1. 仕入先別の支出分析

在庫や経費勘定に潜んでいるマクロレベルでの新たな事実が発見できます。より競争力のある価格を達成するためには、支出を組織全体で統合できるかどうか、またはあまり価値のないサービスを排除して支出を抑えるかどうかなどの判断を分析します。また、特定のサービス・製品を入札に出し、評価してみるのも一つの方法です。価格だけを見るのではなく、支払い条件と数量、または仕入れ割引を含むコスト全体を確認することが不可欠です。最後に、仕入元が貴社の運転資金の縮小につながる使用拾収の条件を受け入れるかなども調べてみましょう。

2. 投資リターンの分析評価

「もしこれが自分のお金だったら、この支出は私に十分なリターンを提供していますか?」と考えてみてください。多くの活動からリターンが得られますが、全ての選択肢の中で最高のリターンをもたらすのはどの支出ですか?投資リターン分析は広告費用やその他のマーケティング費用を評価、削減し、結果、収益力の向上につながります。

意思決定者は、「長年してきたこの支出を削減して本当に大丈夫なのだろうか」という疑心暗鬼に直面するかもしれませんが、リーダーシップを発揮し、長期的な投資と短期的に必要な手許資金、それぞれの目的を達成すべく、上手くバランスをとりましょう。

3. ベンチマーク分析の実施

もしコスト削減への強い抵抗に直面しているのなら、ベンチマーク分析そして、他の会社と比べてみましょう。例えば、従業員の福利厚生の支払いを調査し、福利厚生のトータルコストが他社と比べてどうか、ベンチマーク対象企業の上位25%の支出額はどうか、平均的な支出はどうかなどを確認するのに役立ちます。

何れのコスト削減の目標に対しても、ベンチマーク分析は難しい判断のお手伝いを致します。

4. コストだけでなく業務活動そのものに注目するプロセス

意味のない業務プロセス、もう止めても良いような業務プロセスを調べてみましょう。その業務に従事している従業員がどれくらいいるのかを見極めます。その業務を排除し、従業員が他の価値を生む業務に配属することに数えれば、収益力の向上につながります。
また、外注という方法も考えてみましょう。それによって上手くいけば固定費化している人件費を変動費化することができます。例えば、ITサポートを外注するなどにより、コストを下げ、かつ応対時間を長くするなどすれば、サービスも向上した事例が多くあります。

5. リスク軽減とリスク管理手法を忘れない

予防的保守に関わる支出を長期的コスト効率という観点から分析することがこのテクニックの一例となります。予防的保守を計画的に行った場合に発生する支出は、行わなかった場合に生じる大規模の修繕費が回避されるという意味で高い相乗効果を生む支出です。

6. 費用項目ごとでなく、組織全体のトータルコストを分析

費用分析する際には、コスト構造全体を見ることをお勧めします。場合によっては、ある領域に一時的に資金を投入することで、全体的なコスト削減につながり、収益力が向上することもあります。たとえば、多くの企業の調査では 非管理職のワーカーのレベルでは5-10% の残業時間が最も生産性が上がり収益率が最大化になるという結果が出ています。もし、「ノー残業」とした場合、セールスの機会が失われたり、雇用増加に伴う給与総額がさらに増加することになる可能性も出てきます。

7.「目立つ」支出の確認

まさかと思うかもしれませんが、従業員は、会社所有の高級車、ファーストクラスの出張、その他役員の特典に気付いています。このような支出を排除または削減することは、組織レベルのコスト削減意欲を高めるのにとても役立ちます。会社のクレジットカードや、その他の支払い、還付に、承認プロセスがあるかを確認してください。ここで注意するのは、削減対象と一見思えるようなコストでも、従業員にとっては非常に大事なものを提供しているか考えてみて下さい。たとえば、駐車場スペースの無料提供を廃止すれば、会社としては節約になりますが、士気に悪影響を与える可能性があり、節約分の価値が吹き飛ぶ結果になることがあります。

結論

今日のビジネスの環境はとても厳しく、予測も不可能です。収益の良い企業でも、痛みが始まる最初の兆候を見逃す可能性があります。不安定な市場の状況、急速な停滞がやって来るような現在、当社のサービスグループは、着実に成長を続けるための、コスト削減・収益向上の実現に向け、これらの7つのテクニックをご紹介いたします。