Cookie Notice: This site uses cookies to provide you with a more responsive and personalized service. By using this site you agree to our use of cookies. Please read our Cookie Notice for more information on the cookies we use.

Skip to Content
April 14, 2017 1 min read
御社が仮に国境を超えて事業をする計画がある場合、以下が移転価格の入門となります。つまり、「移転」と「価格」という二つの言葉が間もなく親しみやすい言葉となります。海外への事業展開をお考えですか?移転価格税制についてご説明します。

staff presenting info to team using technological media

米国は、それぞれの国々が営業を通じて得た所得に対して税金を支払うという共通の関心を他の国々と共有しています。これらの税務当局は、しばしば移転価格を通じて、多国籍間事業の所得を見極めそれぞれの管轄の国にその所得を配分します。

移転価格とは?

移転価格とは、関係会社相互の国境を超えた取引を分析し、それぞれの国の所得が適切に申告されていることを確認することです。一般的に、移転価格は、ある事業において、一つの国の製品が他の国の関係会社へ移動する際に(販売又は継続的なプロセスにおいて)適用されます。同様なルールが、以下の事業にも適用されます。

  • テクノロジーやノウハウ又は他の無形固定資産(例えば商標)を、他の国の関係会社に移転する場合。
  • 関係会社間のサービスを受領するまたは提供する場合。

国境間の第三者間の売上は、マーケットの力関係で決まる独立第三者間価格であることを前提にしています。しかし、同様な仮定は、必ずしも関係会社間では成立しません。その結果、国際的に営業をしている事業においては、年間を通じて積極的に管理されている最新のポリシーがあることが必須です。

しかしながら、最高の方針であっても、事業を行う国々においてチャレンジを受けることはあり得ます。同じ取引について、二つの別の国によって調査されたとしても、それずれの移転価格取引の取扱について、別の取扱をしても不思議ではありません。更に、他の国における調整が、米国側で修正申告を強いられることもあり、必要に応じて、事業上の移転価格方針をアップデートすることになるかもしれません。

御社が国際的に事業を展開している場合又はその計画がある場合、移転価格を念頭に置くべきです。このことを通じて、事業において、国際税務問題が発生する前にそれを予知し解決することが可能となります。更に、米国外における事業を拡大していく際の税務上のインパクトを認識することが出来ます。事前に調査することにより、高くつく時間のかかる税務調査及び予期していなかった米国内外における追徴税額を回避することが可能となります。