Cookie Notice: This site uses cookies to provide you with a more responsive and personalized service. By using this site you agree to our use of cookies. Please read our Cookie Notice for more information on the cookies we use.

Skip to Content
January 15, 2019 1 min read

ITのリーダーとなる人材をお探しですか?専門知識や資格はもちろんですが、それ以上に変化に適用でき、周りと協力し合えるプロフェッショナルであることが、今求められています。

A group of business IT professionals having a meeting.

今日のITプロフェッショナルに欠かせない能力とは何でしょうか?組織が日々複雑性を増すITに関わる問題に対応できる人材を探す際、よくこの問いかけにあたります。優れたITリーダーやIT専門家を分析してみると、六つの主要な資質が共通して見られることが分かります。

  1. ビジネス分析 - 技術発展のためのテクノロジーは先が見えず、お金がかかるだけです。今日の経営環境においては、ITをビジネス機会のために利用できるITプロフェッショナルが貴重な人材として重宝されます。ITと経営目標を擦り合わせることで、目に見える結果が得られます。間断のない改善が意識付けられている組織において、ビジネス分析に長けたITプロフェッショナルは成功しているのです。
  2. カスタマーサービス - 多くの企業にとって、テクノロジーは製品ではなくサービスとなります。従って、顧客志向を持ったITプロフェッショナルが、部屋に閉じこもりプログラミングに熱中するタイプのITプロフェッショナルよりも、企業にとって必要な人材となります。クラウドサービスの浸透によってハードウェア及びソフトウェアがコモディティ化する中で、優秀なITプロフェッショナルはより顧客志向を持つようになり、ITプロジェクトの成功に向けて注力していくことになるでしょう。
  3. 革新的な問題解決 - テクノロジーやカスタムアプリが過剰に供給されているこの時代において、かつては重宝されていた新しいソリューションを開発する能力よりも、直面している今の問題に対してどうにかして解決をもたらす能力が大切になっています。問題を根本から分析し、既存の手法などを用いて、巧みに解決に導くことのできるITプロフェッショナルを見つけましょう。
  4. チェンジマネジメント - テクノロジーが加速度的に進化の途を進めば、多くの者にとってそれは脅威の対象となり、ついていくこともままならないものとなってしまいます。新しいテクノロジーやシステムがユーザーに受け入れられているかどうかの視点は、しばしば評価の対象から見落とされてしまっています。組織内の人々へのコーチングを含めて組織全体が変化に対応していけるようプロジェクトを推進できるITプロフェッショナルが今まで以上に貴重な存在になってきています。
  5. コラボレーション - 謎めいたITシステムをこっそり管理する「IT島」はもう存在し得ません。今日の時代において、社内の各ビジネス部門や社外のプロバイダーが連携して一緒に働くことが、ITパートナーシップの成功条件なのです。優秀なITプロフェッショナルには、周りの知識とエネルギーを上手に活用しながら、ITチームのアウトプットを最大化するという特徴が共通して見られます。
  6. 生涯学習者 - 今日のテクノロジーはすぐに廃れていきます。唯一確実であると言えるのは、テクノロジーは常に進化を続けていくということです。適応力があり、学習能力が高く、古いテクノロジーには捉われることのないITプロフェッショナルが望まれます。

多くの企業は、ITプロフェッショナルの採用にあたって、その候補者が保有する資格、知識あるいは経験などに基づいて、彼らの能力を評価しようとします。そうした知識や経験は確かに大切ではある一方、上記の資質が今日のITプロフェッショナルにおいてより重要になってきていることは間違いありません。