Skip to Content



北米自由貿易協定(NAFTA) 再交渉において米国のとるべき道とは

2017年12月13日 Article 1 min read
Authors:
ルー ロンゴ

急成長を遂げる外国市場において、米国は保護貿易主義、更なるグローバル化、どちらを選ぶべきか?答えは明らかだという人もいるかもしれませんが、それほど単純なものではありません。先ず、5つの観点から考えてみましょう。

Two women looking at a global map.

2017年11月、NAFTAの交渉担当者らはメキシコシティに集まり、意見の分かれる23年前に発効された同協定を議論しました。これは米国がさらに保護主義を追求すべきか、あるいはグローバル化を促進すべきかを議論する場でもありました。

今回が5回目の会議となり、米国政府が求める改定事項などを話し合いました。

Related Thinking

July 7, 2022

Cloud-based ERP system drives Internet of Things for Japanese-owned manufacturers

Webinar 1 min read
July 6, 2022

在庫保管単位(SKU)合理化の極意: 正確なコストデータの取得

Article 5 min read
June 15, 2022

Shanghai releases post-lockdown economic recovery action plan

Article 3 min read