Skip to Content



グローバルミニマム税(GMT)の導入を検討する理由

2022年2月3日 Article 1 min read
Authors:
Bill Henson
大企業のみならず、中小企業にも多岐にわたる影響を与える可能性があります。以下は、CEOが知っておくべきことです。
昨年末に136カ国以上が署名したグローバルミニマム税(GMT)協定は、国際的な企業に対する課税に大きな変化をもたらすものでした。そして、「グローバル」とはいいながら、心配しなければならないのは、大企業だけではありません。

表向きは大企業にしか影響を与えないことになっていますが、多くのビジネスリーダーは、多岐にわたる影響が想定よりもはるかに広範囲で、より大きなコストになる可能性があることに気づいていません。より詳細な情報開示を求める国際的なトレンドなど、自分たちには関係ないと思っている中小企業は、もう一度考えてみる必要があります。

この協定は、多国籍企業の低税率国への利益移転を可能にし、各国間の激しい課税競争を招いた抜け穴や巧妙なタックスプランニング戦略に対処するための各国政府の長年の努力の集大成なのです。

2つの柱

この協定には2つのセクション、つまり「柱」があります。2つ目の柱に含まれる15%のグローバルミニマム税は、各国間の課税競争を事実上終わらせるものです。全世界の売上高が7億5千万ユーロ(8億6千万ドル)を超える企業に適用されます。

この協定の第一の柱は、売上高が200億ユーロを超える大規模な多国籍企業のみを対象としているとはいえ、広範囲にわたり国際商取引に損害を与えかねないものである。この協定は、約1世紀にわたって確立されてきた国際税法を覆し、顧客の所在地に基づいて課税対象となる企業の存在を規定するものです。

これは各国政府の大胆な政治的行動であり、世界最大かつ最も成功したハイテク企業の本拠地である米国にペナルティを科すことになるのです。

GMTは、大規模な多国籍企業にしか影響を及ぼしませんが、実際には、世界のAppleやGoogleのような十分な法務・会計リソースを持たない中小企業にも浸透し、課税の発生に関するルールに変化が生じる可能性があります。このため、中小企業にとって事業が著しく複雑化し、リスクが高まる恐れがあり、国際展開の参入障壁となるため、これを克服するにはある程度の規模が必要となります。

特に2022年の中間選挙後には大きな反対運動が起こり、議会での成立が危ぶまれる可能性があります。バイデン大統領は第一の柱の改革を受け入れていますが、オバマ政権は受け入れておらず、党派を超えて反対していることを示しています。仮にGMT協定の両柱が米国の承認を得たとしても、リソース不足のIRSが規則の施行に必要な他国の税務当局とのデータ交換を整備するには、何年もかかる可能性があります。

トリクルダウン効果

それでも、国税庁はいずれはこの協定を順守していくことになるでしょう。デジタル経済の普及と、ハイテク大企業の極端な租税回避戦略に対する市民の怒りから、何らかのGMT改革は避けられないでしょう。

この新しい国際的な体制により、あらゆる規模の企業にとって、増え続ける税務当局の要求に対応するために、優れた報告・情報システムへの投資がこれまで以上に不可欠になります。最近の外国口座税務コンプライアンス法(Foreign Account Tax Compliance Act)に続いてGMTが導入されたことで、各国政府は企業の記録をより深く、よりタイムリーに入手するための強力な手段を手に入れたことになります。

しかし、すでに半数以上の税務部門の専門家が、テクノロジーや人材に関するリソースが不足していると回答しており、53%の税務専門家が、自社のアプローチを "雑然的 "または "受け身的 "と表現しています。

海外進出を計画している企業は、進出を決定する前に、GMT制度の影響を慎重に計算する必要があります。追加的な税負担と報告義務によって、投資の経済的合理性が損なわれる可能性があります。

また、C-Suiteのリーダーは、共有された税務データがどのように利用されるかについて注意する必要があります。欧州では、企業データの公開を求められることが多く、労働組合や競合他社とデータを共有せざるを得なくなる可能性があります。政府と産業界が密接な関係にある国では、データ共有の要求が高まると、機密情報や知的財産が競合他社に流出するリスクが高まるでしょう。

GMT措置の実施はまだ不透明ですが、国際的な監視と情報共有の強化を乗り切るために必要なテクノロジーと実務の整備を始めるのは早すぎるというわけではありません。経営幹部は、国際的な監視の目が厳しくなることによる風評リスクと財務リスクを軽減するために、税務の人材とテクノロジーに投資することの重要性を認識する必要があります。税務部門にとっての課題は、増大する報告義務に対応するために、既存の負担感を増大させることなく、データを収集、管理、利用する方法を見出すことです。

この記事「Why Your Business Should Care About The Global Minimum Tax」はChief Executiveに掲載されています。

Related Thinking

July 6, 2022

在庫保管単位(SKU)合理化の極意: 正確なコストデータの取得

Article 5 min read
April 11, 2022

サイバーセキュリティの人材を募集するときに知っておきたい5つのこと

Article 2 min read
April 1, 2022

州所得税のネクサスと公法86-272

Article 4 min read