Skip to Content



コストセグリゲーションの基礎知識

2020年11月18日 Video 3 min watch
Authors:
Jonathan Winterkorn Lawrence Knutson Jeremy Sompels

収益不動産の所有者の多くは、コストセグリゲーションスタディと呼ばれる米国内国歳入庁承認のプロジェクトによって、投資の節税効果を最大限に高めることができることを知りません。あなたもそのお一人ですか?

コストセグリゲーションスタディを実施することで、納税額を減らし、短期的なキャッシュフローを改善し、利益を上げるための節税戦略を最大限に活用できます。

コストセグリゲーションとは?

コストセグリゲーションとは、納税の繰り延べを行う戦略です。この戦略では、建物内の資産を特定し、39年の標準的な方法よりも短い期間で減価償却できるようにします。これにより、施設を建設、購入、または改修した納税者は、大幅な節税の機会を得ることができます。このプロセスでは、エンジニアリング、建設、および税務の専門知識を組み合わせ、過去および現在の不動産投資の税額控除を最大化できます。

弊事務所の会計士、エンジニア、弁護士を含む税務専門家チームは、徹底した多面的なコストセグリゲーションスタディを行い、減価償却年数を短くするのに適した項目を明らかにし、定量化します。その結果、以下のことが可能になります。

  • ボーナス減価償却を利用する。
  • 余ったキャッシュフローを使って、さらに収益物件に投資する。
  • 償却資産の価値を活用して、リノベーションや改良を行う。
  • 税務上の減価償却を促進する。
  • 償却資産投資による節税効果を得る。

Related Thinking

October 6, 2020

固定資産調査とコストセグリゲーションスタディを利用した税務対策は行われていますか?節税効果やキャッシュフローの増加が期待出来るかもしれません

Article
April 11, 2022

サイバーセキュリティの人材を募集するときに知っておきたい5つのこと

Article 2 min read
April 1, 2022

州所得税のネクサスと公法86-272

Article 4 min read