Cookie Notice: This site uses cookies to provide you with a more responsive and personalized service. By using this site you agree to our use of cookies. Please read our Cookie Notice for more information on the cookies we use.

Skip to Content
May 8, 2017 1 min read

ワークライフバランスは万人に当てはまる一つの解がない、高度に個人的、私的な課題です。私たちはスタッフの一人一人がそれぞれに一番適切なワークライフバランスのミックスが見つけられるよう支援するための、様々なツールとサポート体制を整えています。

Image of child and adult watching family movie

私たちの多くはキャリアを通じて、完璧な「ワークライフバランス」を実現しよう、という目標を持ちます。しかし、もがきながら試行錯誤を繰り返し、結局その解が見つからないうちにキャリアが終わってしまうことがしばしばであるのが現実です。実は、それは決して見つけるのが容易いものではなく、むしろ十人十色であり、常に進化し続けるものです。例えば、38歳のパートナーと22歳の新人スタッフにとって、「ワークライフバランス」とは全く違う意味合いを持つものです。(注:先に種明かしをしますと、それは経験を積むにつれてより簡単になっていきます!)

一か月もしくは一年を振り返った時に、蘇ってくる記憶が仕事と日常生活の両方に渡って健全にバランスがとれているかどうか、という問いは、あなたが果たして正しい「ワークライフバランス」の軌道に乗っているのか、について考える上での鍵となる質問だと言えるでしょう。

バランスを保つにはサポートが不可欠

「ワークライフバランス」という高度に個人的、私的な課題を攻略していくにあたって、私たちは、スタッフの一人一人が成長の各過程で、最適なバランスを見つけ維持するための様々なツールにアクセスすることができるように、サポート体制を整えています。

まず、プラントモランには「ワークライフバランス」に対する基本原則があります。共同創設者のフランク・モランは、「その人の人格全てが仕事にやって来る」と述べました。それ以降、「バランス」という言葉は私たちの企業文化に深く刻み込まれています。
「人格の全て」原則を組織全体で実践していくため、私たちは「ワークフレックス」委員会を設置しました。この委員会のリーダー達は、ワークライフバランスに対して問題を感じていたり、アイデアを持っているスタッフたちのためのリソースとして奉仕しています。変化するスタッフたちのニーズをいち早くキャッチし、マネジメントチームに対して議論し行動を起こすための提案をします。

もう一度冒頭の言葉に戻りましょう。ワークライフバランス:「それはスナップショットではなく動画である」。なぞかけのようなこの言葉の意味が少しずつ分かってきたのではないかと思います。

私たちは、スタッフが最適なバランスを見つけ、人生における重要な出来事を乗り越えていけるように、様々なプログラムとポリシーを設置しています。このセクションの締めくくりとしていくつか主なものを以下に挙げました:

手厚い有給休暇

私たちの有給休暇制度は、業界において最も手厚く、フレキシブルです。ほとんどのスタッフが、年間4週間の有給休暇に加え、割引価格で追加休暇を「買う」ことができ、さらに消化できなかった時間については次の年に持ち越すことができます。その時間を使ってさらに充電したり、旅行したり、人生における貴重な時間を十分に満喫することができます。

充実した育児休暇 

6週間の有給育児休暇を使って、生まれてきた子供と貴重な時間を過ごすことができます。有給休暇と合わせると、家族と一緒に過ごす期間を更に長く設けることができ、最大6か月というケースもあります。

繁忙期中のデイケア

繁忙期中に家族に及ぼすストレスを少しでも軽減するため、土曜日に多くの事務所で、無料のオンサイトのデイケアを提供しています。美術・算数・理科・音楽・ドラマ・作文のワークショップなど、週替わりで楽しいアクティビティを用意しているユニークなプログラムです。

非定型就業形態

より多くの熟練スタッフが、多様な就業形態を起用しています。在宅勤務、コンプレストワークウィーク、パートタイム、繁忙期である冬季と比較的余裕のある夏季の間の勤務時間の調整など、その時々の事情により就業形態は変化します。

ドレスフォーユアデイ

ワークライフバランスプログラムの一環として最近導入されたのが、大人気の、その日のスケジュールに合わせて、週のどの日でもジーンズ着用を許可する制度です。クライアントとのミーティングがない日には、金曜日でなくてもジーンズを履いても良いのです。

スポーツ支援プログラム

あなたのフィットネスのゴールをお手伝いすべく、私たちは年間500ドルまで、スポーツクラブのメンバーシップ、フィットネスクラス、その他のスポーツに充てられた費用をサポートします。

理想的なワークライフバランスを手に入れることは難しいことです。手に入れたと思った次の瞬間、突然また何かが変わってしまうこともあります。もうなぞかけの言葉の意味は分かりましたね。ある時点でのスナップショットを見て短期的な評価をするのは止めて、より長い視野で振り返ってみましょう。あなた主演の動画では、「ワーク」と「ライフ」のシーンの組み合わせはどのようなものになるのでしょうか?