Skip to Content
January 31, 2019 2 min read

不動産ディベロッパーや都市計画家たちは、まもなく訪れるであろう自動運転技術とライドシェアサービスの融合が、通勤や通学、住宅建設、そして駐車場の再開発の将来に与える影響について考え始めています。

A man checking and looking at his watch on a desert road.

ライドシェアやライドソーシング、そして自動運転車の「破壊力」を目にし、不動産ディベロッパーや都市計画家たちは、人々のもつ交通手段に対しての常識が変化してしまうと、ガレージ、ドライブウェイ、駐車場は今後どうなっていくのかについて、考え始めています。

例えば、自家用車を保有することなく、自動運転車のタクシーでどこへでも行くようになるとすれば、ガレージやドライブウェイは依然と必要なものであるでしょうか?
そして、自動運転車が乗客を目的地点に降ろした後、特別にデザインされた遠くの充電ステーションに戻るものだとすれば、駐車場を作る意味はあるのでしょうか?

すでに、ハイテク技術に支えられたUberやLyftのようなライドシェアのビジネスモデルは、多くの人々の移動のあり方を劇的に変化させています。何十年にも渡ってタクシー運転者が守ってきたルールを覆し、今やスマートフォンのワンクリックで車の手配ができる時代なのです。