Photo of Jim Proppe

ジム プロッピ

マネージングパートナー Southfield

私は大のアウトドア好きです。自転車が大好きです。普通の人には想像できないような危険なハイキングにも何度か行っています。また、ウォータースキーの腕前もなかなかのもので、息子たちは難しい技をこなす私の姿に感動してくれます。

ジム プロッピ
マネージングパートナー

経歴

米国最大手の会計・税務・コンサルティング事務所の一つであるプラントモランのマネージングパートナーとして、組織全体の能力と可能性を向上させるため、サービス領域の拡大、トップクラスの人材への投資、デジタル社会における競争力を強化することに力を注いでいます。

私は若い頃からビジネスというものに魅力を感じていました。高校時代は、造園の仕事をしながら、ビジネスモデルに興味を持ち始めました。オーナーとの関係は非常に良く、当時私がまだ10代だったにも関わらず、そのビジネスの運営を任してもらうことができました。私の父が税理士だったことも影響があり、この仕事を通して初めて数字を扱う仕事とビジネスオーナーへのコンサルティングという仕事を経験しました。

1984年にミシガン大学を卒業すると、ビジネスへの情熱を胸にプラントモランに入社しました。これは、私が人生で下した最良の決断の一つであったと思っています。

私はこれまで、グループマネージングパートナーとして13年間、業界プラクティス、顧客サービス、成長、人材育成、リスクマネジメントに注力するなど、組織のリーダーとしての役割を担ってきました。また、私は新規サービスの創設チームの一員となり、これまでにプラントモラングループベネフィットアドバイザー、エンタープライズリスクマネジメントグループ、プラントモラングローバルサービスを含む多くの新しいサービスグループを生み出し、上海事務所、モンテレイ事務所、東京事務所、ムンバイ事務所など、多くの新しい拠点も作ってきました。また、プラントモランでのパートナーとしてのキャリアの始め頃には、アナーバー事務所の所長を務めていました。

私は35年以上の公認会計士の経験があり、主に製造業と高等教育業界のクライアントにサービスを提供しています。 具体的な経験には、監査サービス、ビジネス向けおよび個人の税務コンサルティング、および複数社のクライアントのアドバイザリーボードメンバーを務めてきました。私はプラントモランの素晴らしい文化を永続させることに大きな誇りを持っています。2021年8月のAccounting Todayでは、私はマネージングパートナーエリートとして取り上げられ、プラントモランがどのようにパンデミックに立ち向かい、テクノロジーを駆使してより良いサービスをお客様に提供することができたかが紹介されました。また、2020年には私はGreat PlacetoWork™のリーダーシップ賞を受賞し、2019年にはDビジネス誌によるメトロデトロイトで最も強力なビジネスリーダー500人の1人に選ばれ、デトロイト フリープレスによるトップワークプレイス賞においては、大企業で働く従業員がどれだけ「自分の会社のリーダーに自信を持っている」かという質問への回答を基に、「リーダーシップ賞」を受賞しました。

最近では、COVID-19の環境下においても私たちの文化を強く保つことに焦点を当てています。 私は会社のリーダー達と協力して、常に安全な環境を提供し、スタッフがやりがいと高い満足度を保つことができ、既存のクライアントへのサービス提供と新しいビジネスの追求に注力できるように取り組んでいます。 パンデミックにより、一部の事業プロセスを変更することが求められましたが、スタッフがバーチャルな環境でも協力し業務を行えたことを非常に誇りに思っています。

休日では、妻のキャシーと2人の息子と一緒に旅行したり、アウトドアをして楽しんでいます。