Cookie Notice: This site uses cookies to provide you with a more responsive and personalized service. By using this site you agree to our use of cookies. Please read our Cookie Notice for more information on the cookies we use.

Skip to Content
Date:
2019年2月26日; 2:00 – 3:30 EST

プラントモランは、米OHCA社と共にサイバーセキュリティに関するオンラインセミナーを開催しました。当社のPhilip Long氏とScott Petree氏が、サイバーセキュリティに関して全ての役員が問うべき7つの質問について説明しています。

A business executive using their mobile phone to read about seven questions about cybersecurity.

シニア・ケア・プロバイダーやシニア向けサービスを提供する組織は、最もサイバー攻撃の対象にされやすい団体の一つとして数えられています。介護機関、急性期治療後のケア施設、老人介護施設等は、その他の医療機関と比べてセキュリティー対策が十分でないことが多く、サイバー攻撃のリスクが高い傾向にあります。 組織がHIPAA法(Health Insurance Portability and Accountability Act; 医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律)の対象ではない場合でも、機密の高い個人情報を保護し、州の規制を遵守するのは不可欠です。

プラントモランのサイバーセキュリティ部門プリンシパルであるPhilip Long氏とScott Petree氏が、サイバーセキュリティに対する経営陣の理解度を高めることを目的としたオンラインセミナーは、コンプライアンス体制とサイバーセキュリティプログラムの評価方法等をご紹介しています。エグゼクティブ向けのこのオンラインセミナーでは、組織がサイバー攻撃の危険にさらされているかどうかを見極める方法、サイバーセキュリティの脅威とその影響、組織の脆弱性の特定とその対策方法、コンプライアンス・プログラムを強化するための管理体制、リスク対策が十分に取れた組織のサイバーセキュリティ環境の構築方法等をご紹介しています。