Skip to Content

在庫保管単位(SKU)合理化の極意: 正確なコストデータの取得

July 6, 2022 Article 1 min read
Authors:
Jon Wood Jason Sienko

何百個あるいは何千個という商品負担について、在庫保管単位(SKU)の合理化を考えてみませんか? この合理化に着手する前に、可能な限り正確なコストの基本情報を把握することから始めることが大切です。そのための5つの検討事項を、ご紹介します。 

多くの企業は、クライアントの要望で新商品を作りたいという過剰な思いがあります。時間の経過に伴い、これらの追加のSKUは、より小さな生産実行、製造プロセスの設定、補助的な管理などによって、ビジネスをより複雑なものにしてしまいます。このような追加で発生する複雑さにより、コストが増加し、全体的な利益率が低下します。このことが身近に起こっている場合、貴社の事業におけるSKUの合理化を検討する良い機会かもしれません。

SKU合理化とは、組織の最終的純利益を改善することを目標に、どの製品を維持(または改善)し、どの製品を廃止するかを決定するプロセスです。このプロセスで重要な要素には、一般的には、スペースの優先順位付け、イノベーションの時間、価格の最適化があります。同時に、キャッシュフローの改善、投資資本利益率の向上、総利益率の向上という全体的な事業目標もあります。

では、SKU合理化のために、どこから着手することが適切ですか? この合理化を成功させるためのポイントは、正確な製品コスト情報から開始することです。多くの場合、SKUの合理化は、最適化されていなかったり、最終的に失敗したりします。それらの主な原因は、その重要な決定が不十分な製品コストデータです。まさに、「ガラクタを入れればガラクタが出てくる」状態です。成功するためには、正確なアイテムマスターデータに基づいた、各製品の詳細なマージンデータとマルチチャネル分析が統合されたデータが必要です。

多くの場合、SKU合理化は最適でなかったり、最終的に失敗したりします。それは、重要な決定が不十分な製品コストデータに基づいているからです。まさに、「ガラクタを入れればガラクタが出てくる」の影響です。

ここでは、SKU合理化のイニシアチブを計画する際に考慮すべき5つの重要なコストデータ項目をご紹介します。

1. 部品表の正確性を確認   

原材料とパッケージングは通常、SKUの最大の構成要素であり、コストの50~75%を占めることが多いです。従って、正確な原材料コスト、測定値、生産歩留まりが非常に重要になります。材料費がどのようにシステムに設定されているか、確認されていますか? 多額な仕入価格差異・材料数量差異が発生していませんか? 歩留まりのロスは、正確に反映されていますか? 季節性やその他の関税などの需給要因による市場の変動は、大きいですか? これらを意識して、それらの材料費への影響を理解しておくことが賢明です。

2.  労務費の決定   

労務費は、SKUコストのパズルのもう一つの大きな要素です。ここで、変動コストは最大の要素であることが多く、その計算方法が多岐にわたっています。そのため、このコストが製品全体のコストに加味される際には、多くの問題が発生する可能性があります。労務費は、工場全体のブレンドコストの一部ですか? そうであれば、特定の作業に対して、高賃金で専門的なスキルの人材が必要な場合はどうしますか? 厚生給付は、労務費として計上されていますか? それとも、それは製造間接費に含まれていますか? 各SKUのセットアップや生産時間は正確に計算されていますか? 労働力の生産性は、どの程度で、製品ミックスやその他の要因によって左右されていますか? 残業は、需要と顧客の注文パターンで決まりますか? これらは、SKUに係る労務費の大幅な変動は、多大な影響を与えうる重要な要因です。

3. 諸経費の割り当て   

SKUにどのように間接費を割り当てるかが重要です。間接費の多くは、因果関係や相関関係によって割り当てることができ、理想的にはSKUやプロセスに直接割り当てることができます。すべては、労働時間によって影響されるのでしょうか? 機械基準の費用は、労働基準の費用とは別に適用されるのでしょうか? 適切な基準でこれらのコストを割り当てることで、はるかに正確なSKUコストが得られます。

4. 変動貢献度と総粗利益の測定 

貴社の変動費対固定費を理解することは、重要です。例えば、固定費を変更せずにSKUやある製造チャンネルをなくしてしまうと、実際よりもコストを節約しているように見えてしまうことがあります。変動貢献利益ベースでSKUを見て、固定サポート費、機械費用、設備費用を見て、製品を除去する際に何を除去できるかを判断します。場合によっては、コスト減には繋がりませんが、空きの生産能力を増やすことができます。その結果、利用可能になったリソースは他の製品やプロジェクトに割り当てることができます。粗利益率がマイナスでも貢献利益がプラスのSKUは、短期的には維持できるかもしれません。しかし、それが維持できるのは、より収益性の高い製品に置き換えることができるようになるまでの間だけです。

5. サービスを提供するためのコストの分析 

多くのコストは、SKUによって決定されるのではなく、お客様をサポートするためのコストによって決定されます。例えば、飲食業界では、各SKUのコストを考慮するだけでなく、各チャンネルにサービスを提供するためのコストも考慮する必要があります。食料品店、コンビニエンスストア、クラブ、接客業、消費者への直接販売など、チャンネルごとにサポートするチャネル管理コストの層が異なります。同じことが、個人のお客様にも当てはまります。それぞれのコストはユニークであり、注文窓口、納期、配送コストに基づいてコストは変化します。チャンネル管理費は、単純に一般販売管理費として計上されていますか? それとも、個々のSKUや顧客関係全体の収益性を判断する際に、チャンネル管理コストを分離して検討しますか? チャンネル管理コストは、全体の販売価格の引き下げとしてその処理を評価し、SKU全体の粗利益率の一部とみなしていますか?

SKU合理化は、正しく行えば、利益率を大幅に向上させる可能性を秘めています。貴社は、よいデータを手に入れたら、データ分析ツールを活用してコスト情報のメリットを享受できます。

SKU利益データは、 ただ単にコストのみに基づいて分析されるのではなく、市場の中で何がベストがどうかも加味して分析される必要があります。 

粗利益インテリジェンスデータ分析は、市場ベースのシナリオの中でSKU、チャンネル、顧客のマージンを迅速に測定するのに役立ちます、また、価格再設定が必要な製品、廃止が必要な製品、または製品・チャネル・顧客開拓へのさらなる投資先を特定するのにも役立ちます。しかし、合理化のメリットを十分に享受するためには、SKU利益データは、ただ単にコストのみに基づいて分析されるのではなく、SKUの回転率に基づいて分析される必要があります。また、市場の中で何がベストなのかを加味して分析される必要があります。例えば、製品のポートフォリオを埋めたり、棚のスペースを確保したり、製品の可能性をテストしたりするなどの戦略的な理由で、損失の出ている製品や低マージンの製品を維持することは理にかなっているかもしれません。このような状況では、合理化プロセスで得られた優れたデータを活用することは、情報に基づいた意思決定を行い、SKUのパフォーマンスを継続的にモニタリングし、利益への継続的な影響を評価するために非常に有用です。

貴社のSKU、製品、顧客、チャンネルの合理化についての詳細は、お電話でお問い合わせください。

Related Thinking

2021年10月26日

インダストリー4.0への変革を迷っている方々へ

Article 1 min read
Person with a passport preparing to board a plane.
November 29, 2022

メキシコアップデート2022:法令遵守のための期末論点整理

Webinar 60 min watch
Image of a digital LED wall
November 17, 2022

7項目のサイバーセキュリティ評価を実施: 組織のデジタルリスクを特定する

Article 3 min read