Skip to Content

インダストリー4.0への変革を迷っている方々へ

2021年10月26日 Article 1 min read
Authors:
Dave Plomin ダグ ホッケンブロック Sean McBride Mark Barrott Kim Doyle
この記事は5分で読めます。インダストリー4.0は、もはや未来のビジョンではありません。インダストリー4.0はすでに実現しているものであり、経営陣のアジェンダに加える必要があるものです。この記事では、中堅企業の製造業のリーダーが、なぜ工業生産の再構築のメリットを受け入れる必要があるのか、そのためにはどうすればよいのかを説明します。
設計やエンジニアリングから製造まで、デジタル技術によって工業生産は再構築されています。インダストリー4.0(I4.0)と総称されるこれらの技術は、人間同士のインテリジェントなつながり、自動化、デジタル化、データ分析を可能にし、変革をもたらしています。

I4.0の核心はパラダイムシフトであり、その意義は非常に重要なものとなっています。

あらゆる規模の製造業が、デジタルオペレーションによる業務効率化と価値創造の恩恵を受けています。競争力を維持するために、メーカーは変革するためのロードマップを今必要としています。無駄にしてよい時間はありません。

I4.0の核心はパラダイムシフトであり、その意義は非常に重要なものとなっています。

インダストリー4.0は、メーカーの日常業務のあり方を根本的に変えるものであり、時間をかけて変革させていかなければならないものです。つまり、製造業のリーダーは、これまでのビジネスのやり方を変え、製品やサービスを提供する新しい方法を模索しなければならないのです。

中堅メーカーもI4.0を無視することはできません。技術やデータ統合の進歩の速さと強力さ、スピードとカスタマイズに対する顧客の要求の高まり、そして最近の深刻なサプライチェーンの混乱と労働力不足によって、競争はますます激しくなっているからです。現在、あらゆる規模の企業が、I4.0テクノロジーが生み出す業務効率や価値から恩恵を受けています。そのため、新しい働き方や顧客サービスに対応できないメーカーは遅れをとることになります。

I4.0がメーカーに及ぼす影響

I4.0テクノロジーは、顧客のニーズを満たすためのオペレーションの改善や、破壊的な進歩を可能にします。具体的なI4.0テクノロジーの例としては、人工知能(AI)や機械学習、マシンの統合、データ分析、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、協働ロボット(コボット)、予防保全、予知保全、品質管理のためのセンサー、3Dプリントなどの積層造形法などが挙げられます。

I4.0テクノロジーは、お客様のニーズを満たすためのオペレーションの改善や、破壊的な進歩を可能にします。

これらのI4.0テクノロジーを応用することで、企業は以下のことが可能になります。

  • 予測アルゴリズムとデータパフォーマンスの知見を活用して、バリューチェーン全体のサプライと材料を同期化すること。
  • 財務と業務の機能やプロセスを横断するエンドツーエンドのシステムやテクノロジーをシームレスに統合すること。
  • センサーと高度な分析機能を活用して、予期しないダウンタイムの管理から、リアルタイムでの資産活用や事前のメンテナンスまで、工場フロアをつなぎ、スループットを向上させ、予定外の生産停止を防ぐこと。
  • 作業現場に協働ロボットやロボットを導入したり、ロボティック・プロセス・オートメーションを導入して、通常は人が行う電子的な作業を機械に代行させること。
  • エンドツーエンドのサプライチェーンデータをデジタル化し、倉庫管理能力、特にサプライチェーンの在庫と輸送のロジスティックスを向上させること。

このような進歩と、それによってもたらされるイノベーションが、I4.0の本質です。

I4.0の変化の範囲と規模について

メーカーは、I4.0による変化がすぐに起こることに備える必要があります。そしてその変化は、データとITシステム、サプライチェーン・インテリジェンス、人材、製造技術とプロセス、財務戦略など、ビジネスのあらゆる側面に影響を及ぼします。

データとITシステム

I4.0テクノロジーは、製造業において、スタッフやスプレッドシートの能力をはるかに超える大規模なデータの取得、最適化、展開を可能にします。また、I4.0テクノロジーは、プロセスの改善、大幅な無駄の削減、意思決定の強化を実現します。

そのためには、ビジネス戦略に沿ったERPとマシンの統合を行うこと、AIを活用してデータを収集し、問題を特定して、解決し、業務を円滑に進めるための企業全体の連携の両方が必要です。

サプライチェーン・インテリジェンス

I4.0テクノロジーは、サプライチェーンと工場内のマテリアルフローにかつてないほどの知見をもたらし、リアルタイムの追跡、予測、カスタマイズ、オペレーションの最適化をサポートします。これにより、不確実で競争が激化する環境において、サプライチェーンの混乱を軽減し、リスクをより適切に管理できます。

人材

I4.0テクノロジーは、プロセスを合理化しますが、人材を置き換えるものではありません。熟練した労働力はこれまで以上に重要であり、メーカーは、高度な技術やリアルタイムにデータを理解するために、十分な訓練を受け、高いスキルを持ち、技術に精通したチームを確保する必要があります。ロボット、協働ロボット、マシンの統合、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、センサーによるデータ収集などは、作業をよりシンプルで簡単にし、労働力不足に対応することで、人材をサポートします。

製造技術とプロセス

I4.0テクノロジーは、機器やツール、資産にさまざまな形で影響を与えます。機器の寿命までのダウンタイムと修理を記録することで、トレンドをより的確に把握できます。分析を活用して、予期せぬダウンタイムを削減し、リアルタイムでの資産活用を改善できます。予知保全によって機器の寿命を延ばすこともできます。

I4.0テクノロジーは製造プロセスも改善します。ヒューマンエラーを減らすことができます。合理化されたプロセスは、効率と生産性を向上させます。製品開発、プロセス、ツールをより緊密に連携できます。従業員は新しいスキルを身につけ、時間を最適に利用できます。

金融戦略

I4.0テクノロジーとそれによってもたらされる変革は、お客様の財務状況に影響を与えるため、その影響を理解することは重要です。たとえば、デジタル化によってサプライチェーンの再構築が可能になり、それによって海外拠点や利益が課税される国や地域が変わる可能性があります。研究開発税の控除など、融資や奨励金の新たな機会が生まれる可能性があります。また、データやアナリティクスの向上により、原価計算や見積もりが改善されるため、キャッシュフローにも良い影響が出ます。その他のプロセスについても、効率化とコスト削減が図られ、キャッシュフローの改善につながる場合もあります。

I4.0への変革には多額の投資が必要ですが、慎重かつ総合的な財務戦略を立てることで、コストを最小限に抑え、財務上のプラスの影響を最適化できます。正しい方法で投資を行えば、時間をかけて投資額を回収できます。

メーカーにとってのインダストリー4.0のメリット

成長率を高めるためにI4.0への投資を行う取り組みは、プロセスの柔軟性の向上と生産性(収益)の向上、より高品質な生産、市場投入までの時間の短縮、より機敏なサプライチェーン、接続性と透明性の向上など、早期に導入した企業に多くのメリットをもたらします。正確でリアルタイムなデータがあれば、より良い判断を迅速に下すことができます。

また、売却を視野に入れている場合、最適化されたデータとテクノロジー、合理化されたプロセス、十分に訓練された人材、そして包括的な財務戦略のすべてが、投資家にとって魅力的な売却対象となることに貢献します。

一方で、I4.0テクノロジーをすぐに取り入れることができない企業は、競合他社に追いつくことが難しくなります。顧客の要求は能力を上回ります。成長目標は失速してしまいます。現状維持では持続不可能です。適応できなければ、市場シェア、成長余地、革新能力に悪影響が及びます。

I4.0戦略をスタートさせる

I4.0変革をどのように始めればよいかお悩みですか?今の段階から戦略を始めてください。事業戦略を考慮してください。今、解決しなければならない問題は何ですか?将来的に予想される課題は何ですか?I4.0のコンサルティング会社と協力して、組織全体でどのように変化を実現するかを説明する、ビジネスレベルのユースケースを作成しましょう。そうすれば、I4.0の成熟度を次のレベルに引き上げるための具体的なステップと成果を示す体系的なロードマップを作成できます。

次に、I4.0への取り組みをリードするスキルとビジョンを持った社内外のリソースを特定する必要があります。そして、仕事を始めましょう。選び抜かれたいくつかの変更を行えば、驚くほど早く良い結果を得ることができます。

スマートマニュファクチャリングの概念は急速に現実のものとなりつつあり、中堅メーカーにとっては必須の課題となっています。I4.0では、業界のリーダーは、オペレーションだけでなく、品質、サプライチェーン、バリューチェーン、顧客との関係、そして最も重要な競争優位性を変革する準備をする必要があります。

I4.0デジタルトランスフォーメーションを加速するためのヒントをお探しですか?次にこちらをお読みください

Related Thinking

Team members huddle around work station
November 2, 2022

ビジネスアナリティクスの進展

Article 5 min read
Two business professionals talking in office building at night.
October 25, 2022

Is your ERP opening the door to cybercrime? A five-point guide for protecting your enterprise

Article 6 min read
Business professional looking at a glass board with diagrams on it.
October 18, 2022

2022年に注目すべき5つの技術トレンド

Article 7 min read