Skip to Content

インダストリー4.0のテクノロジーが中堅メーカーの成長を加速させる

September 1, 2021 Article 1 min read
Authors:
Dave Plomin

この記事は7分で読めます。インダストリー4.0テクノロジーは、中堅メーカーが既存のオペレーションモデルを変革し、ビジネス上の課題を解決するのに役立ちます。今日のソリューションは、よりシンプルで手頃な価格になっています。この3つの分野に注力することで、スタートダッシュを切ることができます。

インダストリー4.0が注目を集めています。大規模な企業の中にはインダストリー4.0の導入がすでに進んでいるところもあります。中規模の企業ではコストや複雑さに懸念があるにもかかわらず、変革を加速させています。現在、製造業の中堅企業では、インダストリー4.0のテクノロジーがよりシンプルで手頃な価格になってきたことから、投資を始めた企業もあります。それに加えて、ビジネス上の課題を解決するためにプラントの運転効率を大幅に改善する必要が生じていることを考えると、中堅企業でインダストリー4.0への注目が高まっているのもうなずけます。

インダストリー4.0でボトムラインの不足を解消

まず、言葉の意味を理解しましょう。ンダストリー4.0 とは、簡単に言えば、人、自動化、デジタル化、データ分析をインテリジェントに接続することで、製造プロセスに変革をもたらすものです。コンピューターが接続され、相互に通信することで、人間の関与を最小限に抑えながらプロセスを操作し、意思決定を行う環境を表しています。テクノロジーの進歩は、強力なマネジメントへの移行を可能にします。そして、リーダーは、後ろではなく前を見て、オペレーションを合理化し、手作業を減らすことで、組織を前進させることができます。

インダストリー4.0を実用化するには、膨大な作業が必要です。トランスフォーメーションを実現するためには、それがもたらすチャンスに注目できます。90日単位でメリットを実感できる方法を探します。このように、実用的で達成可能な行動計画にアプローチすることで、組織はより迅速な意思決定、生産の最適化、お客様の体験の向上、ITインフラの近代化などを実現できます。

インダストリー4.0を実用化するには、膨大な作業が必要です。トランスフォーメーションを実現するためには、既存のオペレーションモデルの改善や、ボラティリティーの管理強化など、トランスフォーメーションがもたらす機会に注目します。

インダストリー4.0を実用化するには、膨大な作業が必要です。トランスフォーメーションを実現するためには、既存のオペレーションモデルの改善や、ボラティリティーの管理強化など、トランスフォーメーションがもたらす機会に注目します。

インダストリー4.0のテクノロジーと中堅メーカーの機会

中堅メーカーがビジネス上の課題に直面する中、CIOやCOOは、インダストリー4.0テクノロジーの導入を加速させる必要性を感じています。このような考え方の変化は、まさにチャンスです。以下の点を考慮する必要があります。

  • お客様、サプライヤー、スタッフは、パンデミック前との大きな変化を受け入れることの重要性を理解しています。
  • すべての企業は、現在のビジネス課題に応えるために変化しています。トランスフォーメーションのスケジュールを早めた企業は、競合他社を追い越すチャンスがあります。
  • サプライチェーンや労働力の混乱によって失われた効率性を取り戻す必要があります。そのためには、業務効率の向上と新しいテクノロジーの導入が最も効果的な方法の一つです。
  • 自動化などのデジタル技術は、新しい仕事や収益源を生み出しています。
  • インダストリー4.0は、サイロを減らし、接続性を向上させ、回復力と敏捷性を高めます。

インダストリー4.0を利用してレジリエンスを向上させる

お客様や競合他社からの要求が高まる中、企業はビジネスの進め方を見直さなければなりません。このような非効率性を早急に解消しなければ、時代に取り残される危険性があります。インダストリー4.0のテクノロジーは、オペレーションモデルに変化をもたらす貴重なツールとなります。まず、出勤時やシフト会議、組み立て作業中など、人が集まる場所や一緒に作業をする場所を評価します。これらはすべて、経費削減と効率化が可能な領域です。重要なオペレーションを再開するための3つのアクションに集中しましょう。

1.ビジネスシステム最適化の導入

紙ベースの非効率なプロセスを削減するために、ビジネスシステムの最適化を検討しましょう。このようなプロセスでは、情報をシステムに入力するために、物理的なハンドオフが必要になることがよくあります。情報の収集、共有、分析を自動化することで、効率と生産性が向上します。また、会計、人事プロセス、社内でのコミュニケーションなど、工場現場以外の最適化の機会も評価します。

電子的にプロセス情報を取り込む

手動で時間がかかり、複数のシステムを必要としている内部プロセスを特定します。たとえば、バーコードを使って作業指示の情報や状況を把握することで、紙での作業をなくすことができます。バーコードがあれば、製造工程の進捗状況を把握でき、在庫の所在を容易に把握できます。

お客様やサプライヤーとのやり取りを革新する

たとえば、買掛金を考えてみましょう。A/Pプロセスにおいて、スタッフの手作業や紙の請求書をもとに支払い処理を行っている場合は、ロボティックプロセスオートメーションRPA)によるプロセスの最適化をご検討ください。RPAでは、請求書発行のプロセスを正確かつ迅速に行い、コストを大幅に削減できます。複雑に聞こえるかもしれませんが、新しい技術によってRPAはシンプルで実現可能なものになりました。さらに、サプライヤーと協力してラベリングを改善することで、入荷時間の短縮、搬入口の混雑緩和、在庫の可視化を図ることも検討できます。

製造業向けのRPAについてもっとお知りになりたいですか?弊事務所のオンデマンドウェビナーをご視聴ください

2.自動化の追加

自動化を進めることで、人手に頼っていたプロセスを削減します。まずは、自社の主要なビジネスを評価することから始めましょう。オペレーティングモデルの重要ではない部分や、ささいな部分の改善や変更に時間をかけないようにします。

手作業のステップ

手動の製造プロセスを特定し、どのステップを自動化できるかを判断します。具体的には、組立現場での反復作業に注目します。協働ロボット(通称「コボット」)は、多くの組み立て作業において、費用対効果の高いソリューションとなりつつあります。コボットはスタッフと肩を並べて働くことができるので、チームは意思決定や問題解決のための活動に集中できます。また、手作業が残る場合は、自動化された作業指示書を使用して、作業者が効率的かつ効果的に作業を完了できるように指導します。

材料の流れ

マテリアルハンドリングの流れを把握し、どうすればマテリアルハンドリング作業を自動化できるかを考えます。自動運転車は、生産ラインの信号を受けて、機械から倉庫に材料を運ぶことができます。同時に、ERPシステムで在庫移動のやりとりが完了し、材料の可視性が最新の状態に保たれます。また、RFIDチップを導入することで、資料のスキャンや物理的な追跡の必要性を減らすこともできます。

労働集約型のプロセス

技能労働者の不足が深刻化する中、経験豊富な人材を確保することは常に課題となっています。しかし、課題には新たなチャンスがあるものです。労働集約的なプロセスの自動化の可能性を探り、スタッフ間のやりとりを機械に置き換えることで、工場現場の労働力の依存度を下げることができます。検査領域はグループで行うことが多いため、分析を行います。3Dカメラやレーザー検査機を使用することで、インラインでの品質チェックを驚異的なスピードと精度で行うことができます。

協働ロボット(通称「コボット」)は、多くの組み立て作業において、費用対効果の高いソリューションとなりつつあります。

協働ロボット(通称「コボット」)は、多くの組み立て作業において、費用対効果の高いソリューションとなりつつあります。

3.データアナリティクスに分析情報を提供

データ分析に分析情報を提供し、最適な生産パラメータを事実に基づいて迅速に決定できます。終わりを念頭に置いて、どこから始めるかを決定し、最大の問題点や機会領域を特定します。たとえば、適切な商品を適切なタイミングで在庫することに課題がありませんか?施設のリース期間が終了したり、滞在するか移転するかを決定する時期に来ていませんか?生産を集約すると決めたものの、どこから手をつけていいかわからなくなっていませんか?これらの質問に答えるには、データに基づいた意思決定プロセスが必要です。データ分析に基づくプロジェクトが、顧客サービスを向上させ、運用コストや運送コストを削減しています。以下に例があります。

在庫の最適化

感覚的に在庫量を決めるのではなく、販売履歴や予測、リードタイム、生産能力、利益率などから最適な在庫量を見極めましょう。特に、企業が新しいビジネスモデルを採用しなければならない状況では、最適な在庫レベルを再設定することが重要です。たとえば、ジャストインタイムのモデルは、刷新されたサプライチェーンにはもはや適していないかもしれません。

製造拠点の最適化

どの製品をどの場所で生産するかは、歴史と偶然の産物であることが多く、その決定が分析されることはほとんどありません。販売履歴、生産コスト、設備コスト、原材料の調達先、輸送コスト、利益率などを考慮したモデルを開発し、製造拠点を最適化することで、感情的な判断ではなく、事実に基づいた判断が可能になります。

生産移管

ある施設から別の施設に生産拠点を移すことは、リスクを伴うものです。お客様の注文に影響を与えないように、また、生産を迅速に立ち上げる必要があります。どの製品や機器を、いつ、どのように移行するか、在庫をどれだけ積むかなどをデータに基づいて判断することで、シームレスな移行が可能になります。

インテリジェントなコストとマージンのデータを使って生産を最適化し、混乱をうまく回避する方法をお知りになりたいですか?この記事をお読みください

そして最後に、業務の合理化、人手に頼る作業の削減、インテリジェントな経営判断のためにテクノロジーを導入する際には、強固なサイバーセキュリティ対策によって業務を保護することを忘れないでください。

インダストリー4.0戦略を始める

インダストリー4.0の評価を体系的かつ重点的に行うことで、戦略の構築に着手できます。そのためには、明確な活動と成果を伴う明確なアプローチが必要です。インダストリー4.0の評価では、有意義で持続可能な結果を得るための明確なロードマップが必要です。まず、自社のオペレーションモデルの主要なプロセスを特定することから始めます。そして、変革を推進するために、適切なスキル、決意、組織的敬意を持った社内のマネジメントや外部のリソースを配置します。

インダストリー4.0の評価では、有意義で持続可能な結果を得るための明確なロードマップが必要です。

インダストリー4.0の評価では、有意義で持続可能な結果を得るための明確なロードマップが必要です。

最後に、最も重要なことですが、仕事を始めます。わずかな戦略的変更でも、結果的には利益が上がり、より安全でスマートな工場になります。

中堅メーカーにとってのインダストリー4.0の可能性についてご質問がありましたら、Dave Plominまでお気軽にお問い合わせください。

Related Thinking

Team members huddle around work station
November 2, 2022

ビジネスアナリティクスの進展

Article 5 min read
Two business professionals talking in office building at night.
October 25, 2022

Is your ERP opening the door to cybercrime? A five-point guide for protecting your enterprise

Article 6 min read
Business professional looking at a glass board with diagrams on it.
October 18, 2022

2022年に注目すべき5つの技術トレンド

Article 7 min read