Skip to Content
October 09, 2017 1 min read
The new office, which opened on September 30, will be led by Eigo Yamamoto, principal in the firm’s management consulting practice.

Image of the Tokyo Skyline

Southfield, Mich., October 9, 2017 — Plante Moran, one of the nation’s largest certified public accounting and business advisory firms, has opened an office in Tokyo, Japan.

The new office, which opened on September 30, will be led by Eigo Yamamoto, principal in the firm’s management consulting practice. With the support of the firm’s Japanese Business Services team, Yamamoto will serve as a local contact to Japanese clients with U.S. operations, helping them take advantage of the full range of Plante Moran services.

“With experience serving more than 100 Japanese-owned companies globally, Plante Moran understands their complex needs and priorities,” said Yusuke Kuramochi, Plante Moran’s Japanese Business Services practice leader. “A formal presence in Japan will allow us to work closer with Japanese clients as they navigate the American business environment.”

Plante Moran’s Japanese Business Services practice includes a team of English- and Japanese-speaking CPAs accredited in both the United States and Japan. With more than 15 years of experience serving Japanese-owned businesses operating in the United States, Plante Moran has become a market leader for audit, international tax planning, and business advisory services for Japanese transplant companies.

The new office will be located at 4-11, Kojimachi 2-chome, Chiyoda-ku, and is within easy access to the core business district in Downtown Tokyo and walking distance from the Imperial Palace.

For more information on Plante Moran’s Japanese Business Services, visit plantemoran.com.

About Plante Moran

Plante Moran is among the nation's largest accounting, tax and consulting firms and provides a full line of services to organizations in the following industries: manufacturing and distribution, financial institutions, service, health care, private equity, public sector and real estate and construction. Plante Moran has a staff of more than 2,200 professionals in offices throughout Michigan, Ohio, and Illinois with international offices in Shanghai, China; Monterrey, Mexico; Mumbai, India; and Tokyo, Japan. Plante Moran has been recognized by a number of organizations, including FORTUNE magazine, as one of the country's best places to work.

米大手 会計・税務・コンサルティングファーム プラントモラン

9月に日本法人設立

会計・税務・コンサルティングファームの米大手、プラントモラン(本社:米ミシガン州サウスフィールド、代表:ジム・プロピJim Proppe)は、2017930日に日本法人 合同会社プラントモラン・ジャパンを設立したことを発表いたしましたのでお知らせします。

プラントモランは、1924年に創立された米国ミシガン州サウスフィールド市に本社を置く会計・税務・コンサルティングファームで、特に製造業・流通業向けサービスにおける豊富な経験と知見で知られています。現在、米国・メキシコを中心に120社を超える日本企業の海外拠点の会計・税務・コンサルティング業務をサポートしており、グローバルでは、7000を超える企業に専門サービスを提供しています。コンサルティング部門プリンシパルの山本 泳吾が日本法人の代表者に就任致します。事務所の所在地は東京都千代田区麹町です。

この度日本法人を設立するにあたり、プラントモラン日本企業事業部代表の蔵持 雄介は、次のように抱負を述べています。「今後、日本の少子高齢化とともに、さらにグローバル展開を加速させる製造メーカーの海外事業拡充のサポートを、会計・税務・事業運営面からきめ細かく行うことが求められています。そうした状況において、プラントモランが適切・適時な支援を実施できる体制を強化するため、日本法人設立の運びとなりました。」

 

【プラントモラン(Plante Moran)とは】

米国フォーチュン誌の「最も働きやすい会社100社」に過去19年連続してランクインされている米国を代表するプロフェッショナル・ファーム。「他者への貢献(ゴールデン・ルール)」をコーポレートミッションとして北米・メキシコを中心に会計・税務・経営コンサルティングを提供しています。現在、アメリカ・メキシコ・中国・インドに2,474名(20178月現在)のスタッフを擁し、事業を展開しています。

詳細は、下記のウェブサイトをご覧ください。

■日本語

https://www.plantemoran.com/explore-our-thinking/info/global/japanese-business-services

■英語:https://www.plantemoran.com/

 

【本プレスリリースおよびプラントモランに関する問い合わせ先】

合同会社プラントモラン・ジャパン

蔵持 雄介 yusuke.kuramochi@plantemoran.com / +248.375.7474

山本 泳吾 eigo.yamamoto@plantemoran.com / +248.223.3543