Skip to Content



2022年に注目すべき5つの技術トレンド

2022年3月15日 Article 7 min read
Authors:
Deepak Agarwal Mark Richards Steve Schelonka Matt Shamblin Cole Weinman Kyle Macyda Jacinto Cordero
この記事は7分で読めます。大不況後の成長に向けて、CIOはビジネス全体の俊敏性、効率性、スピードを高めるテクノロジーに注目しています。ここでは、2022年のリーダーのデジタルアジェンダを形成する5つのトレンドについて紹介します。
CIOがイノベーションと成長への新たな道筋を描くために、最新のテクノロジーを活用すべきことに疑いの余地はありません。2022年Gartner CIO and Technology Executive Surveyでは、CIOの48%が、人工知能(AI)および機械学習(ML)テクノロジーをすでに導入しているか、今後12カ月以内に導入する予定であると回答しています。これらのテクノロジーの相互関連性がそれぞれの成長に拍車をかけています。クラウドテクノロジーのスピードと拡張性がAIの急速な革新を可能にし、AIとMLがロボティックプロセスオートメーション(RPA)とモノのインターネット(IoT)の急速な進歩を支えているのです。

このようなトレンドをただ眺めているだけでは、もはや十分ではありません。ガートナー社は、2025年までに、イノベーションを無視するITインフラと運用のリーダーのうち、実に70%がレガシーシステムのサポートのみに留まるだろうと予測しています。1戦略的なITリーダーは、陳腐化よりもイノベーションを選択するのです。彼らは、低い基準値で管理するのではなく、より高いビジョンに向かってリードすることを選択し、技術的進歩によって組織の戦略を形成し、加速させる力を持つ高い役割に足を踏み入れているのです。このように、彼らは2022年に価値を高めると予想される5つのテクノロジートレンドを活用しています。

戦略的なITリーダーは、陳腐化よりもイノベーションを選択する。

AIとMLがポストCOVID-19の成長を解き放つ

パンデミック後の成長に向けて、AIがもたらす価値について人為的なものは何もありません。オープンマインドなデジタルリーダーたちは、すでにあらゆるレベルでビジネスパフォーマンスを最適化するためのデータ収集と活用の新しい方法を模索しており、パンデミック時に顕著になった課題に対処するためにAIを活用したソリューションを追求しています。ガートナーの最新調査は、私たちが先進的なクライアントと交わしている会話と一致しています。2022年ガートナーCIO・テクノロジー・エグゼクティブサーベイでは、CIOの約半数(48%)が、今後12カ月以内にAIとMLテクノロジーを導入している、または導入する予定であると回答し、世界のAIソフトウェア購入の前年比21%増に拍車をかけています。

2022年には、ほとんどの組織で、大規模な変革ではなく、少しずつでも着実な成長に重点を置いた投資が行われると予想されます。スマートなデジタル・リーダーは、ビジネス戦略と緊密に連携したAI戦略を追求しています。例えば、バックオフィス・プロセスの効率化、顧客向けのデジタル・セルフサービス・オプションの強化、市場データの集約と分析による新たな成長機会の特定など、具体的な経営課題の解決に向けてAI投資が行われるでしょう。このような地味ながらも意義のある取り組みによって、AIの価値を証明し、さらなるユースケースへの道を切り開くことができるのです。

賢いデジタル・リーダーは、ビジネス戦略と緊密に連携したAI戦略を追求する。

IoTが実現するオペレーションの俊敏性

IoTデバイスは、その性能と機能が向上しているにもかかわらず、コストは着実に低下しています。このようなトレンドに加え、リモートワークやデジタル化の流行により、一部の中堅企業ではIoTの導入を急ぐあまり、ビジネス上の意思決定をより円滑に行うことができずに断念するケースが見られました。

2022年は、新しいスマート製品をパンデミック後のオペレーションに導入する際に、リーダーがインテリジェント・デザインを適用する機会を提供していくでしょう。CIOは、機械のダウンタイムの最小化や在庫水準の最適化など、明確に定義されたビジネス目標に基づきIoTに取り組むことで、接続されたデバイスをより有効に活用し、リソース計画や生産予測をその場で調整するなど、リアルタイムの意思決定を可能にすることができます。また、機械の故障原因に関する新たな知見は、パターンの迅速な特定につながり、最終的には予知保全やダウンタイムの積極的な削減を可能にすることができます。このような具体的な報酬、または同様の測定可能な成果は、あらゆるIoT導入の目標であるべきです。多くの場合、外部パートナーは、実証済みのプロセスや従業員トレーニングを提供することで、組織がスマートデバイス戦略をより迅速に実現できるよう支援します。

RPAは企業の人材格差解消に貢献する

現在の状況は、人材不足、人件費の上昇、深刻なスキルのミスマッチが顕著になっています。RPAは、テクノロジーによって人間より速くできることを自動化し、従業員がコンテキストと創造性を発揮してビジネス価値を高めるという、2つの側面から解決策を提示します。2022年には、テクノロジーと人材の両方を最適化する新たな機会が訪れるでしょう。イノベーターは、スマートなワークフローとロボティクスによって定型業務を自動化することで労働力のギャップを埋めるだけでなく、人間の才能を解放し、データに対応するスキルと実用的な情報の作成に集中し、開発することができるようになるでしょう。

RPAにAIを適用することで、単にフォームに記入することからフォームを理解することへ、単に構造化データを抽出することから非構造化データのマイニングへ、「忙しい仕事」の置き換えからより迅速でスマートな意思決定を行うための知識を備えたより強力な人的労働力の創出へと自動化を強化することができます。このようなエンパワーメントは、従業員の定着率に一役買うことが証明されています。例えば、AIはRPAを単なる請求書作成プロセスの自動化から、何百もの変数を分析して主要顧客の収益性が低下している理由を特定し、価格、契約条件、サービス範囲の変更を推奨して、人間のチームがその問題にうまく対処できるようにすることができます。

特にミレニアル世代やZ世代は、新しいスキルの習得を重要視しているため、RPAは人材獲得にも一役買っています。特にミレニアル世代やZ世代は、新しいスキルの習得を重要視しており、最新のデジタルツールを使用する機会を提供することは、より高度で要求の高い職務に対する従業員の期待に応えることにつながります。同時に、人材が有意義な分析や洞察に従事できる場を設けることは、競争の激しい採用環境において組織を優位に立たせることができます。

特にミレニアル世代やZ世代は、新しいスキルの習得を重要視しているため、RPAは人材の獲得にも一役買うことができます。

クラウド技術によって、ITはコストセンターからバリュードライバーに昇格する

CEO のアジリティ(機敏さ)とスピードに対する要求は、パンデミック時に最高潮に達し、クラウド技術はそのようなダイナミックなニーズに対応するために必要なアーキテクチャの共通要素となっています。Gartner 社は、企業が今後主流となっていくトレンドに永続的に備えていくために、パブリッククラウドサービス(AWS、Google、Microsoft などのサードパーティが提供)への支出が 2022 年に 22% 増加し、2026 年までに企業の IT 支出全体の 45% を超えると予測しています。これらの投資は、単に「プラグアンドプレイ」ではなく、ビジネスゴールと正しいクラウド戦略を一致させ、その実行のための現実的なロードマップを設定できるCIOが導く必要があります。選択肢は豊富であり、それぞれが重要な意味を持ちます。技術リーダーは、プライベート、パブリック、ハイブリッド、マルチクラウドなど、さまざまなクラウドの選択肢のリスクとリターンを明確に説明するだけでなく、理解し、時には期待に柔軟に対応していける準備できている必要があります。

企業がクラウドに移行する際、テクノロジーの役割だけでなく、ITチームの構成も変化させる必要があるかもしれません。ITスタッフの役割は、レガシーシステムのパッチやアップグレードの構築から、クラウドによるビジネスメリットの仲介へとシフトするため、多くの場合、再スキルアップが必要になります。このような混乱は、単なる再教育にとどまりません。クラウドへの移行には、新しいサイバーセキュリティの状況を把握し、新しいガバナンスモデルを開発し、移行前にプロセスとワークロードを最適化し、IoT、AI、および成長を引き出すために必要なその他の機能を可能にする最適なクラウド型サブスクリプションサービスを特定してビジネスにつなげることが不可欠です。それは、テクノロジーとITの役割の変化であり、企業のコストセンターから組織の価値の創造者へと変わることでもあります。

それは、テクノロジーとITの役割の変化であり、企業のコストセンターから組織の価値を創造する存在への転換です。

ビットコインを超えて関心を集めるブロックチェーン

2022年にブロックチェーンが広範な変革をもたらすとは考えられていませんが、新しい使用事例が官民両部門でテストされ続け、将来の採用のための舞台が整えられると期待されています。先進的な企業はすでに、ブロックチェーン技術によって実現される独自のセキュリティ、透明性、追跡機能を模索し始めています。多くの場合、代替すべき複雑なレガシーシステムを持たない新興国が、ブロックチェーン機能の創造的な応用において、米国を飛び越える脅威となりつつあります。ドバイは2022年に世界初のブロックチェーンを活用した政府になることを目指しており、ビザの申請やデジタルパスポートのチェックから大学への登録に至るまで、20以上の使用事例を特定しました。エストニアは、投票、教育、ヘルスケア、銀行の使用事例へのブロックチェーン技術の応用に注力しています。

米国では、規制強化により進捗がやや阻害されていますが、前進している例もあります。ニューヨークでは、ブロックチェーンにより、医療記録のプライバシーを守りながら、個人がCOVID-19ワクチン接種のためのデジタル証明書を提供することが可能になっています。コロラド州とイリノイ州では、分散型台帳により、不動産証書が瞬時に確認・発行できるようになっています。他の州では、イノベーションを加速させる官民パートナーシップにより、運転免許証データ、有権者登録などのためのブロックチェーンを模索しています。民間企業では、ワクチンやその他の医薬品のサプライチェーンを通じた信頼性の高いエンドツーエンドの追跡を求める製薬会社や、ブロックチェーンを使用して部品の追跡や航空機の整備記録の検証を行う航空会社などが、ブロックチェーンのイノベーションの例として挙げられています。これらの事例や類似のユースケースが価値を生み出し、この技術が採用曲線に沿ってさらに進むことで、2022年もブロックチェーン技術の牽引役が続くと予想されます。

各州は、イノベーションを加速させる官民パートナーシップを通じて、運転免許証データ、有権者登録などのブロックチェーンを模索しています。

まだ始まったばかり

この2年間は、激しい混乱と計り知れないチャンスをもたらしました。市場はデジタル技術への理解、投資、採用を加速させています。2022年、リーダーたちはこれらのテクノロジーを受け入れ続けることで、その変革力を成長のために活用し、テクノロジーを駆使した未来の組織を積極的に形作っていくことでしょう。

Related Thinking

June 21, 2022

Cybersecurity risk in the franchise industry: Don’t wait until it’s too late

Webinar 49 min watch
March 15, 2022

Blueprint for success: How to design and implement an Analytics Center of Excellence

Webinar 60 min watch
March 7, 2022

SmithGroup partners with Plante Moran to establish captive insurance and saves tax dollars in the process

Case Study 3 min watch