Skip to Content
August 2, 2018 1 min read

経済状況が変化し続ける中、機関投資家は2018年度中に何回利上げが行われるか、議論を重ねている。

Picture of woman looking at computer screen.

ここ数年間、米連邦準備理事会(FRB)は緩やかな政策正常化により中立金利を3%とすることを目標としてきた。この主要な短期政策金利はFRBが金融政策目標を実現させるため、優先的に使用してきたものである。2015年以来、連邦公開市場委員会(FOMC)はフェデラル・ファンド(FF)金利を7回上げ、今後数年間で更に利上げすることを計画している。

FRBはインフレや労働市場情勢など、主要経済指標を常にモニターし、金利変更の必要性を調査している。減税対策及び政府支出の上昇によりインフレが進み、労働市場が改善し、経済が緩やかに伸びていく中、多くの市場関係者がFRBが近い将来、経済の過熱化を防ぐため、利上げを体系的に行っていくことを予想していた。

こうしたタカ派的な感情は、5月の関税引き上げと貿易障壁の強化に伴って和らぎ、経済学者と機関投資家を不安にさせた。貿易摩擦の激化の可能性としっぺ返しの繰り返しは、世界貿易の減少をもたらすだけでなく、サプライチェーンを壊し、外国調達品に依存する企業や消費者に、短期的だが著しい影響を与えることになる。機関投資家はFRBの力量、そして利上げの必要性を疑問視し始めた。

ところが、FRBの6月会合で今年2度目の利上げが行われ、FRBは今年更に2回の利上げがあることを示唆した。市場関係者が今後のFOMC会合、そして利上げの可能性を注視していく中、FRBは透明性を確保すると共に、機関投資家を安心させる努力を続けていくだろう。

ご質問等がある場合には、ルイス・雅子(Masako.Lewis@plantemoran.com、(248) 375-7244)までご連絡下さい。

Disclosures

Plante Moran Financial Advisors (PMFA) publishes this update to convey general information about market conditions and not for the purpose of providing investment advice. You should consult a representative from PMFA for investment advice regarding your own situation. The information provided in this update is based on information believed to be reliable at the time it was issued. Any analysis non-factual in nature constitutes only current opinions, which are subject to change.