Skip to Content



中規模市場におけるデジタルトランスフォーメーション

2021年5月20日 Article 1 min read
Authors:
Dennis Bagley Evan Honour

デジタル化による破壊的変化に関するニュースの見出しは、B2C市場の新興企業やテクノロジー市場の大企業の成功事例に注目する傾向があります。しかし、成熟した中規模市場にはどのような機会があるのでしょうか?そのように考えている皆様に良いお知らせがあります。中規模市場にも実践的な戦略とデジタル化の機会が豊富にあるのです。 

デジタル化による破壊的変化に関する記事やケーススタディでは、Uber、Airbnb、Amazonなど、B2C市場に大規模な破壊的変化をもたらす企業を取り上げる傾向があります。これらの大企業の事例や結果は歴史的に重要で印象には残るものの、同じような資本構造を持たない多くの中堅企業にとっては非現実的に映るかもしれません。しかし、実際には中規模企業にも実行可能な戦略とデジタル化の機会が豊富にあるので、中規模市場の企業であっても、デジタルトランスフォーメーションを検討する意欲を失うべきではありません。

次に挙げる3つの教訓は、価値を創造するデジタルトランスフォーメーションを成功に導いた、成熟市場にある中堅企業との長年に渡るテクノロジー・コンサルティング支援から得られたものです。

1. 成功するために業界の破壊的変化を目指す必要はない。

デジタルトランスフォーメーションは、業界の力学を根本的に変えるものである必要はなく、また、卓越した結果をもたらす新しいビジネスモデルを創出するものである必要もありません。実際、デジタル戦略がもたらす多くの恩恵は、新たな収益機会の創出のみに留まらないため、顧客接点への応用に限定して検討する必要もありません。

デジタルトランスフォーメーションは、業界の力学を根本的に変えるものである必要はなく、また、卓越した結果をもたらす新しいビジネスモデルを創出するものである必要もありません。

デジタル戦略の成功には、従業員の生産性とコラボレーションの向上、そしてサプライチェーンの効率化に焦点を当てることが重要です。顧客はこのような領域を直接見ることができないかもしれませんが、時間の経過と共に結果は伝わります。例えば、部門間のコミュニケーションや社内承認手順をデジタル化するテクノロジー・プラットフォームは、製品開発、市場投入までの時間、見積もりの時間、サービスの提供を迅速化し、更には従業員の満足度と生産性を向上させることができます。その結果は貴社にとってトランスフォーメーションであり、多大な投資をして新ビジネスに移行する必要は無いのです。

2.トランスフォーメーションにソフト開発は必要ない。

中規模企業は、ソフトウェア開発者にお金をかけずに、ユーザーで設定可能なソフトウェアや直ぐに利用できる汎用ツールを使い、有効なデジタル化を実装することができます。人工知能や機械学習のような一見最先端の技術であっても、実用的で予算に見合った製品が用意されています。

戦略的なテクノロジーの選定により、モバイルアプリケーション、ソーシャルプラットフォームとの統合、データ分析エンジンなどの分野において既に実績のある成熟したベンダー製品を有効活用することができます。このような製品が適切に導入されれば、企業の組織的能力は無理なく向上していきます。自社と業界全体のデジタル成熟度にもよりますが、面倒な設定無しで「すぐに使える」実績のあるテクノロジーを利用して、売り上げを伸ばしたり、業務の効率性を高め、コストを低減できる準備が既に整っている場合があります。

中堅企業のデジタル戦略には、高価で複雑な開発プロジェクトを回避するために、さまざまなツールやサービスがどのように連携していくのかというビジョンが必要です。

3.デジタルトランスフォーメーションの事前準備を始める。

貴社全体を見回して変化への準備ができているかどうかを現実的に見極めれば、デジタル化が成功する可能性を劇的に高めることができます。貴社の文化は協調的でオープンでしょうか?デジタル技術の採用と取り組みの促進に合わせて、インセンティブや説明責任を見直しましたか?

離職率が高くなっている、または重要なポジションが空いた状態になったままになっているということはありませんか?最高のデジタル戦略であっても、文化的な欠点や経営的な欠陥によって損なわれたり実行が妨げられてしまいます。トランスフォーメーションが未来に向けて定着する環境を作るために、今できることを考えてみましょう。

デジタルトランスフォーメーションは、大きな未来の夢である必要はありません。ニュースの見出しを飾るような、資金力のあるデジタル化による破壊的変化を起こしている企業やフォーチュン500企業だけのものではありません。中規模企業のデジタルトランスフォーメーションは、永続的な価値を生み出すための実用的で正当な方法であり、適切な計画と戦略があれば採用する機会が必ずあるとお考えください。 

Related Thinking

2022年3月15日

2022年に注目すべき5つの技術トレンド

Article
2022年3月21日

ビジネスアナリティクスの進展

Article
September 1, 2021

インダストリー4.0のテクノロジーが中堅メーカーの成長を加速させる

Article