Skip to Content
2020年5月25日 Article 4 min read

USMCA発効の日となる7月1日が迫る中、多くの企業が、NAFTAに取って代わるこの協定について、とりわけ遵守に関する条項について理解の必要性を認識しつつある。米国企業への影響について、Automotive Newsを通してルー・ロンゴーが検討する。 

Photo of U.S. capitol building間もなく発効する米国・メキシコ・カナダ協定(USMCA)により、米国企業は、コロナウイルスによる事業停止の影響が収まっていないうちに、別の衝撃に直面することになる。

北米自由貿易協定(NAFTA)に代わるUSMCAについての良い点は、3年以上にわたる交渉を経て、ようやくこの地域の貿易に確実性がもたらされるという点だ。それによって投資が復活し、誰もが待ち望んだ安定性につながる。

悪いニュースは、USMCAに対する企業の意識レベルと7月1日の発効に向けた準備レベルが心配なほど低いことだ。驚くほど多くの企業が、この協定について「NAFTA 2.0」と考えており、旧協定の改訂版に過ぎないと考えている。