Skip to Content



自動車製造事業のメキシコ移転の賢明な方法

2020年8月27日 Article 1 min read
Authors:
アレハンドロ ロドリゲス ダロン ギフォード

メキシコへの自動車事業の移転にはメリットがありますが、COVID-19による課題もあります。このような状況ではサプライチェーンの遅延が頻繁に発生するため、どこに問題が潜んでいるかを把握しておく必要があります。 

アジアを中心に事業を展開する自動車メーカーは、地理的に代わりとなる場所を求めていますが、それには理由があります。グローバルなサプライチェーンは脆弱であるため、身近な場所で事業を行うと安心感があります。メキシコに事業を移転することは、費用対効果が高く、有利な選択となりますが、この選択肢を選ぶ場合には注意すべき課題があります。

他の国と同様、メキシコもCOVID-19の影響を深く受けていますが、各国の対応は様々です。メキシコでは、アメリカ以上に各州が独自に対応をとっています。これらのバラツキを考えると、サプライチェーンの中断を予測することが非常に難しくなります。しかし、以下の3つの要素を理解できていれば、メキシコへの移転をスムーズに行うことができます。

タイミングとサプライチェーン

COVID-19が最初に中国で流行した際、サプライチェーンのバランスが崩れました。船舶の出港や入港はできませんでしたが、旧正月に向けての備蓄によって最大数週間にも及んだ中断が発生しても、当初、影響は目立ったものではありませんでした。しかし、最終的には、中国と周辺国に依存しているサプライヤーや製造業者が大打撃を受け、その反響はほぼすべての産業に及びました。

パンデミックが北米で発生した際、アメリカはメキシコよりも2~3週間先んじて、大きな影響を受けました。これにより、メキシコは仕事や生産を続けるための時間を確保できましたが、サプライチェーンのタイミングは複雑になりました。メキシコはアメリカと比較して後から打撃を受けたため、危機に対応できました。しかし、最終的には操業を停止し、再開したため、アメリカとメキシコの製造業者は製造の同期が取れなくなってしまいました。米国の自動車製造業は5月中旬頃から本格化し、北米経済界と米国政府の圧力を受けて、メキシコは自動車部品の製造と自動車の組立を必須の活動であると宣言しました。そして、6月上旬に自動車生産を再開しました。

メキシコに業務を移転することには、どのような意味がありますか?OEMやサプライヤーの生産量については、100%の製造能力を実現するために苦戦しており、生産はまだ軌道に乗っていません。あるサプライヤーは、明日には製品の準備ができているかもしれませんし、別のサプライヤーの場合は、準備が整うまでに数週間待たなければならないこともあります。そこで、サプライチェーンの可視化は欠かせません。サプライヤーに何が起こっているかを知るだけでは不十分で、直接的なサプライチェーンと間接的なサプライチェーンの両方で、サプライヤーに何が起こっているのかを知る必要があります。現状はまだ不安定であり、悲しいことに、COVID-19の新規感染者数は高いままであるため、サプライチェーンが封鎖される可能性もあります。

メキシコでの流動性の違い

アメリカはCOVID-19を受けて、経済を守るための法案をすぐに提出しました。Paycheck Protection Programによる融資などで、多くの米国系企業は、事業を継続したり、規制が解除されてから、すぐに持ち直すことができるほどの流動性がありました。メキシコは経済界に融資などの経済・税制面での優遇措置はせずに、最低でも1ヶ月間は100%の給料を支払うように求めました。現在、これらの企業は流動性に苦しんでいます。

流動性の問題は必ずしもメキシコ企業が生産を継続できないということではありませんが、事業の中断の可能性が高いことは間違いありません。タイミングの話に戻ると、直接または間接的なサプライヤーが流動性の問題を経験している場合は、サプライチェーンが停止してしまう可能性があります。緊急時の対応計画を立てることは非常に重要です。可能な場合はバックアップとなるサプライヤーを確保してください。

北米と世界のサプライチェーンの相互依存

現在、事業をメキシコに移転することは、グローバルサプライチェーンを強化し、リスクを軽減するために魅力的な選択肢となっています。しかし、メキシコで生産を開始することは、今に始まった話ではありません。メキシコの自動車産業の20年に及ぶ成長は、国のOEM組立事業の参入によって推進されてきました。顧客に応じて、多くの直系サプライヤーがメキシコでの生産を開始し、現在ではメキシコで生産される自動車や自動車部品の数は過去最高となっています。

課題となっているのは、付加価値生産のために複数の国で停止する可能性があり、サプライチェーンの複数の層にまたがる可視性を管理することです。国境を越えるたびに、サプライチェーンが停止するとドミノ効果で、次々とサプライチェーンが停止する可能性があります。そのため、材料がどこから来ているのか、USMCAの最新の輸出入規制を知ることで、より正確な時期の見積もりを得ることができ、何を計画すべきかを知ることができます。

メキシコへの移転は自動車製造業に最適ですか?

COVID-19によって、企業は、遠く離れたサプライチェーンの安定性を高めるために、北米に製造業者の事業を戻すことを評価するようになっています。その結果、メキシコは一般的に生産のための主要なオプションとなります。しかし、メキシコにおける課題によって、サプライチェーンが一時的に停止し、USMCAの成立によって複雑さが生まれています。

メキシコでの生産は、供給ラインの短縮、パイプライン内の在庫の削減、そして、操業コストの削減など、大きなメリットをもたらします。しかし、メキシコと米国工場間のサプライチェーンの計画と分析が、今まで以上に必要とされています。直系サプライヤーと間接サプライヤーの方向性と期待値を設定することで、コスト削減を実現し、サプライチェーンの長さを短縮できます。そのため挑戦する価値は十分にあります

しかし、こういうことは一人で決めないでください。アドバイザーに連絡するか、弊事務所にご連絡ください。弊事務所は皆さんと共に働きます。 

Related Thinking

May 31, 2022

Auto suppliers: Why take our Working Relations Index® survey?

Article 2 min read
May 31, 2022

OEMs: Why benchmark supplier relations with our Working Relations Index® study?

Article 2 min read
May 13, 2022

How automotive suppliers can ride EV tsunami

Article 4 min read