Skip to Content
2021年1月11日 Article 2 min read

この記事は2分で読めます。2020 Food & Beverage Forumでは、米国内の業界関係者が一堂に会し、COVID-19パンデミックがもたらした不確実性と機会、そして企業や消費者への影響について議論しました。この記事では、その会議で扱われた主な点をお話しします。

刻々と変化する消費者の嗜好や新製品・新体験への高まる需要に対応するために、食品・飲料業界は、テクノロジーを取り入れ、イノベーションを促進し続けてきました。現在進行中のパンデミックは、消費や消費者の嗜好にどのような影響を与えていますか?今日の不確実な環境の中で、企業はどのように革新を続けていますか?また、サプライチェーンの制約にどのように対応していますか?バーチャルで開催された2020 Food & Beverage Forumについて、弊事務所の専門家が、これらの質問に答えます。この記事では、重要なポイントを説明します。

消費者の消費量

政府によるロックダウンや自宅待機の命令がなされている中、消費者の支出や消費は、市場がCOVID-19以前に見ていたものとは大きく異なります。経済的な不安やパンデミックによって外食の頻度が減り、多くのアメリカ人が自炊するようになりました。これにより、消費者がパントリーの補充に殺到し、小売部門の食品・飲料の消費者支出が大幅に増加しました。パンデミックが続く中、需要の変化に対応するためには、在庫を予測し、適正な量を確保することが重要です。

健康的な生活習慣

健康危機の中、家庭では、このような困難な時期に心身の健康を重視する傾向が続いています。「より良い暮らし」のための分野の成長は鈍化していません。植物由来製品、腸の健康(プロバイオティクス)、その他の天然の製品は、2020年も成長を続けており、減速する気配がありません。これらの消費者行動のトレンドを監視することで、企業は一歩先を行くことができます。また、顧客の需要を満たすためのマーケティングを行うことができます。

イノベーションとサプライチェーン

消費者の小売需要の増加と安全プロトコルの維持に関連した運用上の課題は、製造業者、小売業者、顧客に悪影響を与え、サプライチェーンは苦境に陥っています。従来の食料品小売業者における物流上の課題は、サプライチェーンの制約を回避するために、一部の食品・飲料会社が消費者に直接販売することを余儀なくされています。このような時代にイノベーションを起こそうとしている企業に直接フィードバックを提供するという、貴重な利点を提供しました。消費者は自宅で新しい体験やコンテンツを経験することに飢えています。常連の顧客との良い関係を築いている企業(多くの場合、D2C)は、新製品のテストや検証に、この機会を利用できます。また、この重要なフィードバックを小売パートナーと共有することで、実証されていない製品に対する懸念を和らげることができます。

結論

消費者の消費習慣や新しいトレンドは、今後も食品・飲料業界のイノベーションと変化を牽引していくはずです。グローバルサプライチェーンの課題が増える中、オペレーションチームにとっては、業界の進化する状況の中で機敏に動くことが非常に重要です。成功している企業は、顧客との関係を重視し、イノベーションとテクノロジーの改善を推進し、パンデミックの際に学んだ教訓に基づいてサプライチェーンを継続的に評価しています。

弊事務所の専門家が業界に影響するトレンドについて常に情報を提供し続け、不確実性を最小限に抑え、貴社の食品・飲料業界におけるチャンスを最大化するお手伝いを致します。まずはお問合せください。