Skip to Content

アナリティクス・センター・オブ・エクセレンスより良く、より早く、より費用対効果の高い意思決定を行う

2021年10月15日 Article 1 min read
Authors:
Mark Richards Stephanie Henry
この記事は5分で読めます。規制機関の要求は急速に変化しており、お客様はその変化を管理し、正確で効率的な予算決定を行い、サプライチェーンを最適化するための明確な道筋を必要としています。私たちのソリューション、それは、最新のデータと分析手法に基づく、アナリティクス・センター・オブ・エクセレンスです。
多くの企業は、膨大な量のデータにアクセスしています。しかし、そのデータを、より良い情報に基づいた意思決定に繋げている企業は多くはありません。成功するための分析プログラムを構築するには、分析ツールを購入して派手なレポートを出すだけでは不十分です。分析プログラムを成功させるには、組織のビジョンを支える強固な基盤と、変化するニーズに対応するための拡張性が必要なのです。そこで登場するのが、アナリティクス・センター・オブ・エクセレンスです。

アナリティクス・センター・オブ・エクセレンスとは?

Plante Moran の 4 段階のアナリティクス・センター・オブ・エクセレンス(ACE)のプロセスは、主要なアナリティクスソフトウェアを含む、さまざまなアナリティクスのベストプラクティス手法を 1 つの経路にまとめたものです。我々は、お客様が規制機関の急速に変化する要件を管理し、より良い予算決定を行い、製品やサービスの提供方法を最適化出来る様、このプログラムを開発しました。

ACEには4つのフェーズがあり、リーダーは成功するアナリティクス戦略を策定し、アナリティクスソリューションの実装と反復を成功させることができます。発見」「計画」「構築」「進化」です。

 

フェーズ1:発見

自分がどこから来たのかわからないのに、どの道を通ったら目的地にたどり着けるのか、どうやって考えればいいのでしょうか?この疑問こそが、ディスカバリー・フェーズの核心なのです。

自分がどこから来たのかわからないのに、どの道を通ったら目的地にたどり着けるのかを考えることはできません。

どのような組織であっても、データの成熟度を評価することは重要です。スタッフの間で行われている主な慣習や考え方を含め、現在のオペレーションを評価し、どこに重点的に取り組むべきかをしっかりと把握する必要があります。  自分自身に問いかけてみてください。

  • 組織のスタッフの1日はどのようなものですか?
  • データをどのように使っているのか?
  • データはどのように保存・管理されているのか?
  • スタッフや意思決定者は、自分たちが使うデータを信頼しているのか、それともその正確性や信頼性に疑問を持っているのか。
  • スタッフは、データを扱い、解釈するのに必要なスキルを持っていますか?

これらの質問や同様の質問に対する答えは、現在の状態、将来の状態、そしてそれらの間のハードルを明確にする理解の基礎となります。

フェーズ2:計画

計画段階では、発見段階で得られた情報をもとに、ミクロレベルとマクロレベルでの責任と説明責任を含む、アナリティクスの全体的な管理体制を構築します。次に、ACEの日常業務を確認し、プログラムの最初の3ヵ月、6ヵ月、12ヵ月のロードマップを作成します。長期的な目標は、管理可能で測定可能なセグメントに分割し、必要に応じてマイルストーンや決定ポイントを設定します。

このフェーズでは、すでに利用可能なソフトウェアツールがあれば、それを検討する必要があります。まだソフトウェアツールを使用していない場合は、発見段階で特定された機能ニーズをもとに、潜在的なテクノロジーを比較・評価し、組織のニーズに最も適したツールを決定する必要があります。

フェーズ3:構築

構築フェーズでは、データやレポートの作成、トレーニングの実施、コミュニケーション・プラットフォームの構築など、導入に関するすべての作業を行います。このフェーズの最終的な目標は、信頼性が高く、再現可能なベストプラクティスを確立し、初期の分析コンテンツとインタラクティブなダッシュボードを作成することです。また、コミュニケーション/情報サイトを立ち上げて、重要なリソースやACEの運営に関する透明性を人々に提供することも重要です。

フェーズ4:進化

アナリティクスは「一度きり」のものではありません。アナリティクスは、時間の経過とともに要求が変化していく、継続的かつ反復的な進化のプロセスなのです。ACEチームは、ステークホルダーや顧客と常に連絡を取り合い、フィードバックを求め、必要なものを提供するために調整する必要があります。ACEのフレームワークは、チームが臨機応変にスピーディーな判断を下し、必要に応じて採用、要点をまとめ、再優先順位付けを行えるように設計されています。

アナリティクスは「一回で終わる」ものではありません。進化のための継続的、反復的なプロセスなのです。

ACEのリーダーは、自分自身とチームに責任を持たせることが重要です。チーム全体や、ACEが提供するフィードバックに係わるスタッフとの連携を密にしてください。

ACEは、さまざまな状況や業界において価値を提供することができます。

組織や業界ごとにアナリティクスのニーズは大きく異なりますが、ACEの手法は、公共・民間を問わず、あらゆる業界に適用できます。例えば

  • 製造業とインダストリー4.0。ACEは、リアルタイムデータを強力な単一のインテリジェンスソースに変換し、製造業のバリューチェーン全体の統合と最適化を可能にします。製造拠点や戦略的な調達から、生産量や人件費に至るまで、オペレーションデータを活用することで、継続的な改善、俊敏性、持続的な価値創造が可能になります。
  • デジタルサプライチェーン。ACEは、トレーサビリティーの向上、予測/予測可能性、在庫管理、顧客体験、リスク軽減につながるサプライチェーンの効率化のために、どこに注力すべきかという課題の解決に貢献します。サプライチェーンの混乱を予測したり、リアルタイムで通知を受け取ることができるかどうかは、利益、リソースプランニング、エンドユーザーの満足度に大きな影響を与えます。
  • 病院およびヘルスシステム。ACEを利用して、ケア提供を促進することで、病院の評判を向上させましょう。デジタルケアツールからデータを取得して活用することで、病院はバリューベースケアとリカバリーの実証を成功させることができます。また、医療サービスの財務担当者や収益サイクルのサポートにも活用できます。
  • 金融サービス。ACEは、金融機関が一般的な製品やサービスの提供から、規制やコンプライアンスの義務を満たし、自動化と俊敏性の向上を可能にするカスタマイズされたサービスへと移行することを支援します。顧客を洞察することで、より良い顧客体験と、より効果的なデータ戦略を実現します。
  • 幼稚園、小学校および高等教育機関。ACEは、データおよびレポート作成プロセスを導入することで、手作業による冗長な作業を代替し、スタッフをより付加価値の高い作業に従事させることが出来ます。また、幅広い学生データをより効率的に活用することで、教育関係者に、学生の生活や高等教育の戦略的計画に大きな影響を与えるために必要な洞察力を提供します。
  • 交通機関。ACEは進化と適応を目指して作られており、交通機関は変化するデータ標準や報告要件を常に把握しながら、組織の効率的な運営とビジネスの回復力の維持に必要な洞察を提供することができます。
  • 公共事業。ACE は、公益事業者が顧客、施設、および車両のデータから実用的な洞察を得るためのプロセスとインフラを提供します。これらの洞察は、より賢明な価格戦略、より優れた車両管理、およびより効果的な事業継続計画につながります。

データを最大限に活用するためのACE

どのような組織でも、これらの強力なツールを活用することで、効率性、コスト削減、新たな機会を生み出すインサイトを明らかにすることができます。ACEの手法を用いることで、企業は意思決定の障壁を取り除き、コラボレーションとコミュニケーションを促進し、ROIを高め、アナリティクスの目標を達成することができます。データおよびビジネスアナリティクスに関する幅広い知識と理解を組織内で構築する方法については、弊社までお問い合わせください

Related Thinking

2022年3月21日

ビジネスアナリティクスの進展

Article
A man using a futuristic manufacturing machine.
2018年1月26日

インダストリー4.0:スマートテクノロジーによる競争優位性の獲得

Article
Team members huddle around work station
November 2, 2022

ビジネスアナリティクスの進展

Article 5 min read